お電話下さい: 042-978-8062  

350-1249 埼玉県日高市高麗川一丁目1番地1CN企画ビル1階

© 2019 Nexus English. 

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Recent Posts

Welcome to the blog!

May 1, 2013

1/1
Please reload

Featured Posts

アメリカ人が持つ日本食のイメージ

February 15, 2019

ここ最近、食べ物の話が続いています。

 

 

こんにちは。小太りと化しているネモトです。

 

 

前回もお話しましたが、

 

 

元夫は日本食がぶっちゃけ苦手な男で、

 

 

日本のカレーですらもダメでした。

 

 

私が思うに、彼はちょっと田舎者のアメリカ人。

 

 

(私と出会うまで、飛行機すら乗ったことがなかったらしい。)

 

 

一般にアメリカ人が想像する日本食は、

 

 

寿司、てんぷら、テリヤキ、ラーメン、鉄板焼き。

 

 

正直、アメリカのテリヤキや鉄板焼きは、

 

 

日本料理じゃない。気がする。。。。。

 

 

アメリカンスタイルの日本料理と

 

 

言った方がしっくりくるのは私だけかしら

 

 

第一、アメリカのテリヤキは甘すぎて、

 

 

わたしはぶっちゃけあまり好きじゃなかったです。

 

 

慣れれば、まあこんなもんかと思えるんだけど。

 

 

ステーキについては、

 

 

ステーキ = アメリカ というイメージが

 

 

私の中では強くて、鉄板焼きステーキは、

 

 

アメリカ の食べ物だと信じていました。

 

 

あのスタイルは、BENIHANA(*ベニハナ)が始まりなんですかね

 

 

*ベニハナは、アメリカでは、誰もが知っていると言っても過言ではない日本食レストラン。主に鉄板焼きステーキを提供しているレストランで、創設者は日本人です。先ほど日本のレストラン紅花とアメリカのBenihanaレストラン両方の公式サイト(会社概要&歴史等)を拝見させていただきましたが、お互いに主張したいところが違うせいか?歴史や持っているとされる店舗の数や、どこにお店を出しているなど一致しない情報が多く、ここで誤った情報を提供したくないので、ご興味のある方はご自身でご確認くださいませ。宜しくお願いいたします。

 

 

大昔、日本食レストランに連れて行くと言われ、

 

 

元夫Mが連れて行ってくれたのが、

 

 

シアトルのダウンタウン、当時のフォーシーズンズ内にあった

 

 

BENIHANAレストランでした。

 

 

元夫Mや彼のお友だちが、お気に入りのレストラン。

 

 

日本食レストランのいわば代名詞ともいえる「BENIHANA」。

 

 

レストランの名前こそ、日本語だけれど、

 

 

ステーキを大きな鉄板で焼き、

 

 

オニオンで火山を作り、

 

 

エビのしっぽをフライ返しでポ~ンと投げて

 

 

シェフの帽子に入れるパフォーマンスは、

 

 

日本ぽくないなあと私は思ってました。

 

 

ステーキソースは、醤油ベースとゴマダレ風なので日本風です。

 

 

(変わっていたらすみません。。。)

 

 

何よりも旨い。

 

 

美味しい食事を提供するだけではなく、

 

 

付加価値(パフォーマンス&ジョーク)で、

 

 

お客様に楽しんでもらうというアイデア。

 

 

斬新ですよね。

 

 

ウィキペディアによれば、

 

 

”コメディアン的ボードビリアンのステージアクターだった父・青木湯之助(郷宏之)のアイディアでパフォーマンスを取り入れた鉄板焼きをはじめた。”

 

 

らしいです。

 

 

そんなわけで、元夫M&彼らのお友だちは

 

 

鉄板焼きステーキこそが、日本料理だと信じていました。

 

 

おそらくアメリカ人の多くが同じように思っているでしょう。

 

 

野菜炒め(Stir-fried vegetables) やチャーハン(Fried rice)は

 

 

日本食と言えるのかもしれませんが、

 

 

チャーハンって厳密には中国料理じゃないのかね

 

 

(今流行っているラーメンも。。。だよね まっ いいか。)

 

 

実は、白いご飯をそのまま食べるのは、

 

 

苦手なアメリカ人が少なくないです。

 

 

チャーハン、リゾット、パエリア、ジャンバラヤ等のように

 

 

味が付いているご飯物が好まれるのも

 

 

その理由の一つなのでしょうか

 

 

白いご飯を食べたとしても、

 

 

塩&胡椒にバターやオリーブオイルと混ぜて

 

 

食べる人も結構いますしね。

 

 

テリヤキチキンと白いご飯とか、

 

 

シチュー系のものと白いご飯の組み合わせだと

 

 

ほとんどの場合、オッケー。

 

 

だから、BENIHANAでは、白いご飯よりも

 

 

チャーハンを選択する人が多いのだと思います。

 

 

*人の注文するものをみてるんかいと思ってる人いるでしょう

あのね、鉄板焼きのレストランでは、鉄板がデカいから、テーブルを見知らぬ人とシェアするので、見たくなくても誰が何を注文しているのかわかっちゃうの。

 

 

アメリカ人が想像する日本食のイメージは、

 

 

お寿司やラーメンだけではなくて、

 

 

BENIHANAの鉄板焼きステーキ。

 

 

そんな気がします。

 

 

蛇足ですが、普段からご飯をよく食べる人

 

 

(とくにアジア系の方)であれば、

 

 

日本のふりかけはお土産として大変喜ばれます。

 

 

お薦めは、ユズ胡椒やわさびのふりかけです。

 

 

海鮮系は、好き嫌いがあるので、お気を付けください。

 

 

あまりお米を食べない人には、

 

 

パスタにも使えると教えてあげてくださいね。

 

 

それでは、また。

 

 

追記:ネモト個人の体験と経験に基づいてお話しておりますので、違うご意見をお持ちの方も沢山いらっしゃるかと存じます。ご了承くださいませ。

Please reload