お電話下さい: 042-978-8062  

350-1249 埼玉県日高市高麗川一丁目1番地1CN企画ビル1階

© 2019 Nexus English. 

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Follow Us
Please reload

Search By Tags
Please reload

Recent Posts

Welcome to the blog!

May 1, 2013

1/1
Please reload

Featured Posts

「トイレット」は本当に「トイレ」なの?

February 14, 2019

こんにちは。NEXUSよりネモトです。


本日のお題は「トイレ」。


日本語で、トイレは、お手洗い、化粧室


便所(もはや誰も使わない。。。)

 

 

江戸時代にさかのぼると「かわや」

 

 

(時代劇みて覚えた単語)


言い方がいくつかありますが、


英語にも複数あります。


というワケで、


「トイレ」に関する単語やフレーズを


本日ご紹介したいと思います。

 

 

ラス曰く、

 

 

海外に行ったとき一番知っておきたいフレーズは、

 

 

「お手洗いはどこですか?」を英語で言えること。

 

 

ご存じの方も多いかと思いますが、

 

 

一番簡単な言い方がコレ。

    

 

"Where is the bathroom? "

 

 

何処にお手洗いがあるかご存じですか?

"Do you know where the restroom is?"

 

 

お手洗いが何処にあるか教えていただけますか?

"Could you tell me where the bathroom is?"

 

 

下線部分は、他の単語に置き換えることが出来ます。

 

 

Bathroom」 がアメリカでは一番一般的な単語ですが、

 

 

厳密には「Bathroom」 とは、

 

 

お家の中にあるお手洗いのことを指します。

 

 

なぜなら、アメリカのお家は通常、

 

 

トイレ、お風呂、シャワー、洗面台が

 

 

同じ部屋に設置されているからだそうです。

 

 

ゲスト用にトイレと洗面台だけある

 

 

日本のようなトイレを設置しているお家もあって、

 

 

そちらも「Bathroom」 と言いますが、

 

 

そのようなスタイルのお手洗いを

 

 

Powder room」 と呼ぶ場合があります。

 

 

(元夫家族はそう呼んでいたが、正しいのかどうかは不明。)

 

 

また女性用のお手洗いだけ「Powder room」と言うらしいです。

 

 

ちなみに「Toilet」はトイレそのものを指すため、

 

 

(いわゆる便器のこと)

 

 

Where is the toilet? 」とは、アメリカでは言いません。

 

 

しかし、イギリスでは普通に使うそうです。

 

 

今日は、ニュージーランドの先生が来てるので聞いてみたら、

 

 

ニュージーランド&オーストラリアでは、

 

 

イギリス同様、「Where is the toilet? 

 

 

と普通に使うのだそうです。

 

 

ちなみにニュージーランドでは、

 

 

トイレのことを「Loo」とも言うとかで、

 

 

イギリス英語だそうですが、

 

 

ニュージーランドではよく使われている言葉なんだとか。

 

 

(わたし:今日初めて聞いた単語「Loo」)

 

 

お家のトイレも外のトイレもみんな「Loo」で

 

 

オッケーだそうです。

 

 

便利だね。

 

 

ラスに確認したところ、

 

 

やはりアメリカで「Loo」は使わないみたいです。

 

 

意味は分かるって言ってました。

 

 

アメリカでは、家以外の場所、

 

 

レストラン、バー、ショッピングモール、映画館、学校等

 

 

外出先のお手洗いは、「Restroom」 を使うのが一般的。

 

 

Bathroom」 と言っても普通に通じます。

 

 

ネイティブも外のお手洗いを「Bathroom」と言う人が、

 

 

アメリカではいっぱいいます。

 

 

でも Chien(NZの先生)に聞いたら、

 

 

彼には、不自然に聞こえるんですって。

 

 

お手洗いはどこでも「Bathroom」と私は思っていましたが、

 

 

ニュージーランドでは、ダメみたいです。

 

 

ちなみに、

 

 

ハワイ語でお手洗いは「Lua」と言うんですって。

 

 

ラスだけじゃなくて、

 

 

複数のハワイ生まれハワイ育ちの人に聞いてるので、

 

 

確かだと思います。

 

 

(どーでもいい情報:ネモトさんのBFFはハワイアン)

 

 

ハワイはその昔、イギリスの植民地だったことがあって、

 

 

その時に「Loo」が訛って「Lua」になったのかもしれない。

 

 

とラスは言っていましたが、あくまでも推測だそうです。

 

 

以下、お手洗いの単語をまとめてみました。

 


◆ Bathroom 

・厳密には家の中のお手洗いのことを指す。

・ただし、アメリカでは、外のお手洗いも「Bathroom」と言う人が多い。


◆ Restroom

・家以外の公共のお手洗いを指す。例えば、ショッピングモール、映画館、駅、デパート、レストラン、学校等。


◆ Powder room 

・女性用のお手洗いのみを指す。

・A toilet room in a private dwelling, especially one primarily for the use of guests.


◆ Washroom

・Restroom と同じ。

 

◆ John

・男性のみ。(女性が使っているのは聞いたことない)

 

◆  Can

・スラング(女性が使っているのは聞いたことない)

 

◆ Head

・スラング(女性が使っているのは聞いたことない)

 

◆ Shitter

・スラング(女性が使っているのは聞いたことない)

 

◆ Latrine

・アメリカのミリタリー用語(軍人&元軍人がよく使う)

・普通の人は使わない。女性が使っているのは聞いたことない。

 

◆ Loo (イギリス英語)

・どこのトイレでも「Loo」が使えるが、女性はあまり使わない。

 

◆ Lavatory (イギリス英語)

・アメリカでは飛行機内のトイレ表示のみに使用。

・アメリカ人には、かしこまった言い方に聞える。(フォーマル)

・イギリス、ニュージーランド、オーストラリアでは、普通に「トイレ」の意味で使う。

 

 

最後に女子トイレと男子トイレの言い方も複数あるので、

 

 

簡単にご紹介します。

 

 

◆男性 【Men】 【Boys】 【Guys

 

 

◆女性  【Women】 【Girls】 【Dolls

 

 

以上、お手洗いのお話でした。

 

 

それでは、また。

Please reload