”Lower 48”の意味

更新日:7月7日

こんにちは。NEXUS Englishマンツーマン会話よりネモトです。



ここ最近、アメリカでは、



アラスカに関係するドキュメンタリー番組が多く放送されています。



ネモトのお気に入りは、"Life below zero" & "Yukon men" ですが、



これらの番組の中で、頻繁に聞こえてくる単語があります。



それが、"Lower 48" 



これらの番組を観るまで、私自身も知りませんでした。



どんな意味かと言うと、



the "other" states for Alaskans, Not including Hawaii.



簡単に言ってしまえば、ハワイとアラスカを除いた他の州(48州)



アメリカ合衆国本土 ⇔ Contiguous United States



のことです。



アラスカの人々が使う表現らしいです。



ネットで発見したある人のコメントによれば、



アメリカがアラスカを買収する以前からある表現で、



買収された後もその表現がそのまま使われている。



という意見もあります。



おそらく、あなたがアラスカに移住しない限り、



使わないであろう表現かとは思いますが、



TOEICに出てきたことがあるらしいので、



今回ご紹介しました。



それでは、また。



*同記事は2014年に書いたものです。

最新記事

すべて表示

"vineyard"と"winery"は違うものらしい

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ

賢い人ほど英会話学習に苦労する!? パート2

こんにちは。Nexusよりネモトです。 賢い人ほど英会話学習に苦労するのは本当なのか?という素朴な疑問。 結論を先に申し上げますと、人によるので一概には言えないと思っています。 言語習得に頭の良し悪しは関係なく、 心理的要素が深く関わっていると言われているそうです。 小さい頃に英会話を始めるメリットの一つは、 「単純にこんなもんなんだ」と受け入れられる ある意味「素直」な気持ちかなあと思います。

「花火」と言えば?あなたは何を想像しますか?

こんにちは。Nexusより根本です。 花火と言えば「夏」を想像される方が多いかと思いますが、 アメリカ人が想像するのは「Summer(夏)」というよりも ピンポイントで 「Fourth of July(Independence Day)」 (アメリカ独立記念日) または「A New Year」を想像される方が多いかと思います。 そして明日「7月4日」はアメリカの独立記念日、国民の祝日。 独立記念日