Hell no! <スラング>

ここ最近、スラングをちょいちょい紹介しておりますが、



受験や英検、TOEICなどには、



まったく役に立ちませんのでご了承くださいませ。



ネモトさん、



使えないフレーズとか覚えても意味ないんじゃないですか?



と聞こえてきそうです。



確かにその通りです。



ですので、無駄に覚えたくない。



知っていても意味がないと思われる方は、



スルーしてくださいね。



知っていると映画をみたときや



ネイティブが話しているのを聞いたときに



なるほどね~。



と思えるというか、自己満足みたいなものです。



それに、綺麗な英語はどこでも紹介されているでしょ?



どうせなら、スラングとかの方が、



皆さん、ご興味があるんじゃないかなあと思って。



というわけで、独断と偏見で、



またまたスラングご紹介したいと思います。



さて、皆さんは「Hell no!」を聞いたことがありますか?



アメリカでは、とくに黒人コミュニティでよく耳にする言葉です。



綺麗な言葉とは言えないので、



私たちは、使わない方が無難でしょう。



例えば、黒人さんのコメディアンがよく使うかもしれません。



日本人も知っているコメディアンと言えば、



エディ・マーフィ とか クリス・タッカーでしょうか?



(もしや古い?)



映画の中で、必ず一回は二人とも使っているかと思います。



ぜひ、次回彼らの映画をご覧になるときは、



ちょっと気にしてご覧になってみてくださいね。



肝心の意味はと言うと



ただ単に「No」 というだけでは、物足りないので、



「ありえない!」とか「絶対イヤだ!」と言いたいとき、



「No」を強調する意味で、「Hell no!」というわけです。



繰り返し申し上げますが、通常は使えない言い回しです。



あまり親しくない人達と話しているとき、



クラスやビジネスシーンでは、使えません。



ご注意ください。



以下のリンクをクリックすると 



https://youtu.be/2yOEAo4Oa_8?t=4m22s



映画「Friday」でのワンシーンが出てきます。



Smokey(クリス・タッカーの役)が、



Felicia に向かって言った一言。



絶対、車貸さない。ありえない。という意味を込めて



「Hell no!」と言ってます。



是非、ご覧ください。



それでは、また。

最新記事

すべて表示

洗濯に関する注意事項 in アメリカ

どーも。NEXUSのネモトです。 今日は、お久しぶりにアメリカに留学/赴任した際、 知っておくと便利な情報をご案内できればと思います。 タイトルの通り、洗濯に関する注意点です。 洗濯なんてどこでも一緒でしょう? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 日本とは違った事情や習慣もありますので知っておくと便利です。 その1:毎日洗濯しない アメリカ人は、日本のように毎日洗濯をしません

”Lower 48”の意味

こんにちは。NEXUS Englishマンツーマン会話よりネモトです。 ここ最近、アメリカでは、 アラスカに関係するドキュメンタリー番組が多く放送されています。 ネモトのお気に入りは、"Life below zero" & "Yukon men" ですが、 これらの番組の中で、頻繁に聞こえてくる単語があります。 それが、"Lower 48" これらの番組を観るまで、私自身も知りませんでした。 どん

「サーティワン」って何だ!?

私のサーティワンお気に入りフレーバーは、「ロッキーロード」。 「サーティワン」と言えば、アメリカ生まれのアイスクリーム・ショップです。 でもアメリカでは、「サーティワン」とは言いません。 アメリカ人に「サーティワン」と言ってもわかってもらえないかもしれません。 「Baskin Robbins」(バスキン ロビンス)と言います。 創業者二人の名前(Last name)をとってバスキン ロビンス にな