• Miyuki Nemoto

♪Happy Birthday to you♪の著作権

こんにちは。ネモトです。



英語がわからなくても、皆が知っている歌



といっても過言ではない



”Happy Birthday to You”



日本経済新聞にも掲載されていたようなのですが、



(と先日、受講生の方が教えてくれました。)



Happy Birthday の歌の著作権についての記事を



ご紹介できればと思います。



解説不要の方は、こちらへ

Judge Overturns 1935 Copyright Law on the "Happy Birthday" Song(英文記事)



記事によりますと



1935年以来、Warner/Chappell Production Music が

(以下「同社」とします。)



Happy Birthday の歌(以下「誕生日の歌」とします。)の



著作権を所有しており、



この歌を映画やテレビなど商業目的で使用すると



使用料が発生したため、



同会社はかなり儲けていたらしいです。



(年間で $2,000,000稼いでたらしいよ。)

1ドル119円で換算して、2億3千800万円!



今回の記事は、



映画製作者である Jennifer Nelson さんという方が、



2013年に起こした訴訟の判決になるそうですが、



「誕生日の歌」のドキュメンタリー映画を制作中に



1922年に作られたとされる歌の本が見つかり、



その中には、この「誕生日の歌」も含まれていたらしいです。



つまり、1935年以来、同社が所有している著作権は



無効とする訴えを起こしたというわけです。



私も今回の裁判につきまして、とくに調べたわけではなく、



あくまで今回ご紹介している記事の解説をしているだけなので、



その辺はご了承くださいませ。



今回の判決で、今後「誕生日の歌」を映画やテレビで使っても



使用料を支払う必要はないとし、



原告側の訴えが認められるかたちとなりました。



*********************************************


<追記>


以下、テレビからの情報です。



私のお気に入りトークショー番組のひとつ。



The Wendy Williams Show」を観ていたら、



たまたまWendyが「誕生日の歌」について解説していたのですが、



アメリカでは、地元のラジオ局やテレビ局の場合、

(Local radio staions or TV's)



(日本でいうテレビ埼玉みたいなもんかな?)



「誕生日の歌」を歌っても使用料は取られないそうです。



しかし、全国放送のラジオ局やテレビ局だと



"Happy Birthday to you~"



を一回歌うたびにWendyの番組の場合2,000ドル取られるそうです。(1ドル119円で換算して238,000円)



(一回1,500ドル~5,000ドルと幅があるらしいです。)



歌の一番最初のところだけを



ちょっと歌っただけだったりすると使用料は取られないとか。



なんともややこしいお話です。



そんなわけで、



使用料の支払いを避ける方法をとっている会社も多いらしいです。



テレビ局や映画製作会社に限らず、



Chuck E. Cheese's(チャッキイーチーズ)のような



全国展開しているレストランでは、



(行ったことのある方はご存知かと思いますが、)



子どもの誕生日パーティーをやっても



みんなが知っている「誕生日の歌」は歌わず、



オリジナルのへんてこな誕生日の歌を歌いますよね?



それもやはり、「著作権に引っかからないため。」という



理由があるからなんでしょうかねえ。

【ネモトの勝手な憶測】



今回の判決により



Happy Birthday to you ~を映画やテレビなどで歌っても



今後は手数料が発生しなくなるそうですが、



どうなることやら。。。



さらに「Happy Birthday to you」の原曲について知りたい方は



こちらをどうぞ


An Unnoticed 'Happy Birthday' Draft Gives Singers A Simpler Tune(英語)