Bye Felicia <スラング>

こんにちは。



今日から、レッスンをスタートされた受講生の方と



お話していたときに、



偶然でてきたスラングのお話をさせていただければと存じます。



わたし自身もこのフレーズがスラングとして



今の若い人達が使っていると今日はじめて知りました。



前置きですが、アメリカのスラングなので、



他の英語圏では通じない可能性があります。ご了承くださいませ。



というわけで、



Friday”というコメディ映画を皆さんはご存じですか?



アメリカで、1995年に公開された



Ice Cube【アイス・キューブ】主演のコメディ映画です。



当時、大ヒットしたいわゆるB級映画で、



アメリカ人なら皆知っていると思います。



(年齢によっては知らない世代もいるのかな?)



調べてみたのですが、



日本では、1996年に公開されたようです。



その後にあった続編は日本で公開された形跡はなく、



TSUTAYAで借りられるのか?なども不明。。。



一番最初の”Friday”は面白かったけど、



続編の”Next Friday”&”Friday After Next”は、



まあまあだったかなあ。と言うのが私個人の感想です。



でっ、



なぜ、こんな話をしているのかというとですね。



最近(と言ってもここ1年くらいだと思いますが)若者の間で



流行っているスラングがあるそうで、



Russが言うには、



オバマ夫人も使ったとか!?で話題になったとがあるらしいです。



それが、Bye Felicia!のフレーズ。



この映画”Friday”の中で、Craig(アイスキューブの役柄)が



近所に住む、Felicia(フェリシア)という女の子に向かって



言った一言なのですが、



意味はというとこんな感じです。



しつこい又はうざい、アホなこと言っているヤツに



早く帰ってほしいという気持ちを願って冷たく、



「Bye Felicia!」(直訳:じゃあな。フェリシア!)



と言っているのです。



この場合、「早く帰れよ。フェリシア!」



と訳した方がより近い意味になるでしょう。



映画の中では、Felicia(フェリシア)に向かって



Craig(クレイグ)が言った言葉ですが、



現在の若者は、「早く帰れ」「消えろ」「うせろ」の意味で



Bye Felicia!」と使うらしいです。



”Friday”は何度も観た映画だし、



フレーズ自体は有名だったので知っていたけれど



20年過ぎた今、こんな風に若者が



このフレーズを使っているとは知らなったので、



ちょっと驚きました。



(歳がバレる。。。)



おそらくですが、



昨年大ヒットした映画 "Straight Outta Compton"の中でも



このフレーズが使われているので、



映画”Friday”を知らない世代にとっては、



新鮮に聞こえた!?のかもしれませんね。



ご参考までに、”Friday"の脚本を書いたアイスキューブ本人が、



「Bye Felicia!」の意味を解説しているビデオ&記事へのリンクです。



ご興味のある方はどうぞ。



What does 'Bye, Felicia' mean? Ice Cube explains the 'Friday' phrase



それでは、また。

最新記事

すべて表示

"vineyard"と"winery"は違うものらしい

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ

賢い人ほど英会話学習に苦労する!? パート2

こんにちは。Nexusよりネモトです。 賢い人ほど英会話学習に苦労するのは本当なのか?という素朴な疑問。 結論を先に申し上げますと、人によるので一概には言えないと思っています。 言語習得に頭の良し悪しは関係なく、 心理的要素が深く関わっていると言われているそうです。 小さい頃に英会話を始めるメリットの一つは、 「単純にこんなもんなんだ」と受け入れられる ある意味「素直」な気持ちかなあと思います。

「花火」と言えば?あなたは何を想像しますか?

こんにちは。Nexusより根本です。 花火と言えば「夏」を想像される方が多いかと思いますが、 アメリカ人が想像するのは「Summer(夏)」というよりも ピンポイントで 「Fourth of July(Independence Day)」 (アメリカ独立記念日) または「A New Year」を想像される方が多いかと思います。 そして明日「7月4日」はアメリカの独立記念日、国民の祝日。 独立記念日