Onomatopoeiaの続き【くしゃみの音】

最終更新: 5月19日


こんばんは。NEXUSよりネモトです。 同じ音を聞いても生まれ育った国や地域で使われている言語・文化によって 全く違って聞こえる「オノマトペ」のお話を前回のブログでいたしました。 今回も引き続き、オノマトペに関連するお話ですが、 短いお話なので、皆さんお付き合いお願いいたします。 さて、くしゃみの音は日本語で、 「ハクション!」or「ハックション!」ですよね? 英語では、「Achoo!」(アチュー!)なんだとか。。。 インターネットで探してみると調べている方がいらっしゃいました。 10カ国語でくしゃみの音を擬音語で表現すると 下の絵図のようになるそうです。 「Translating ACHOO! — How to sneeze in 10 different languages」(英語)

リンク:http://twentytwowords.com/translating-achoo-how-to-sneeze-in-10-different-languages/ なんとも興味深いではないですか。 ラスによれば、実際に出すくしゃみの音自体も言語によって違う。というのです。 どういう事かというと 私の場合は、生まれも育ちも日本なので、 私は、「ハクション!」とくしゃみの音を出し、 ラスの場合は、アメリカ人なので、 彼の出す、くしゃみの音は「Achoo!」だってことみたいです。 でもさ、 何度聞いても、 彼のくしゃみも「Achoo!」には聞こえないんですけど。。。 どっちかというと「アックショー!」みたいな おっさんのくしゃみに聞こえるのは私だけなのかなあ。 英語圏以外のご出身の方は、 どんな、くしゃみの音を出すのかな? ちょっと興味あります。 ご存じの方は、コメントで共有していただけますと幸いです。 宜しくお願いいたします。 それでは、また。


最新記事

すべて表示

英検ライティング&スピーキング対策の前にやるべきこと

こんにちは。ネモトです。 英検のライティングやスピーキング、 最近の埼玉県立高校の試験に出てくるライティング問題では、 自分の意見を述べる必要があります。 しかし、 英検のライティングやスピーキング(面接)で 自分の意見を聞かれても答えられず、 つまづいてしまう子が多いのは、 なぜでしょうか? これは、英語力以前の問題なんですね。 ある意味文化の違いと言ってもよいのかもしれません。 日本の小中学校

やり直し英語の鉄板ルール

今日は、私個人が考える英語の鉄板ルールについてお話できればと思います。 先日ラジオトークでお話した内容と同じです。 ご興味のある方は、ラジオトークもチェックしてみてください。 ******************* 単語が中々覚えられないと感じている方いらっしゃいますか? レベルに限らず、これは永遠のテーマですよね。 何度調べても覚えられない単語。私もいっぱいあります。 じゃあ、一体どうすればいい

日本語字幕のワナ<海外ドラマで英語学習>

海外テレビ番組や映画を観て英語の勉強してみたい人。 多いと思います。 日本語字幕を付けて、海外テレビ番組や映画を観て それだけで英語を勉強した気になっている人いらっしゃいませんか? 日本語字幕。 正直英語学習には、よくないと思います。 例えばですが、 最初にストーリーを把握するために 日本語字幕で観るのはオッケーなんです。 それだけで満足している場合が問題なんですね。 日本語の字幕が出ていると分か