• Miyuki Nemoto

中学英語教科書の会話文は奥が深い!?


こんにちは。NEXUSよりネモトです。

以前書いた記事

「○○○を知らなくても英会話は出来る」の続編です。 

最近の中学校英語教科書は、

昔と比較すると随分改善されたとよく耳にしますが、

私が気になったある文章をご紹介したいと思います。

以下の文章をご覧ください。

新しくやってきた*ATLが自己紹介をしているという設定です。

*ALT ⇒ Assistant Language Teacher

(外国語指導助手)

Hi, everyone. I'm Kate Wood.

I'm new here. I come from Canada.

I speak English and French.

I like music very much.

I play the piano.

ちなみに上記の文章は、

当スクールのある日高市で採用している中学校一年生用

英語の教科書の一部です。

文法的には何の問題もない文章ですが、

一般的に英語を母国語としている人であれば

「I come from Canada.」ではなく、

「I'm from Canada 」と自己紹介する場合がほとんどです。

複数のネイティブにも確認しています。

ラスにこの文章をみてもらったら、こんな意見が返ってきました。

「I come from Canada.」と誰かが自己紹介した場合、

この人は、「英語ネイティブじゃないな。」と思うそうです。

上記の場合だと、

「I speak English and French. 」 と言っているので、

(私は英語とフランス語を話します。)

カナダ・ケベック州の出身で、フランス語が公用語の人だから、

「I come from Canada.」と言ったのかもしれないと推測するそうです。

奥が深すぎる。。。。。

私は単純に不自然だとしか思わなかったのですが、

そこまで考えるのかあ~とやけに感心しました。

そんなわけで、

「どこのご出身ですか?」と聞きたい場合は、

「Where are you from ? 」 

(どこの出身ですか?)

「I am from ~.」と答えるのが、一般的です。

(~の出身です。)

それでは、また。

#中学英語 #やり直し英語

0 views