• Miyuki Nemoto

「エンテロウィルス D-68」ってどんな病気? <Enterovirus D-68>


*注:ブログで紹介している内容は、インターネット上で掲載されている情報に基づき、解説/翻訳をしております。著者は医療従事者ではございません。ご注意ください。 世界的に問題となっている、「Ebola virus」エボラ出血熱。

日本では、デング熱「Dengue fever」が問題になっていますが、 米国国内では、現在、「Enterovirus D-68」が問題となっています。 Enterovirus D-68 エンテロウィルス D-68 Enterovirus D-68 = EV-D68 ABC NEWS (動画&記事)英語 初期症状は、かぜやインフルエンザに似ているそうです。 呼吸器疾患を引き起こす可能性があるので、 喘息をお持ちの方は特に気を付けてくださいとのことです。 予防は、石けんを使って20秒以上、手洗いをすることだそうです。 とりあえず、かぜやインフルエンザと同じ予防対策と考えてよさそうですが、 更に詳しく知りたい方は、CDCのサイトをご覧ください。 CDCのサイトによれば、2014年9月12日現在、計97名、

6州で「エントロウィルス D68」に感染した人が確認されています。 学校から広まる可能性大なので、特にお子さんのいらっしゃる方(米国滞在者)、

お気を付けくださいませ。

*************** CDC(Centers of Disease Control and Prevention)

疾病対策予防センターには以下のように掲載されています。 Q: What is enterovirus D68? エンテロウィルス D68 とは何ですか? A: Enterovirus D68 (EV-D68) is one of many non-polio enteroviruses. This virus was first identified in California in 1962, but it has not been commonly reported in the United States. ”数多く存在する 非ポリオ・エンテロウィルスの一つ。 カリフォルニア州で、1962年に初めて検出されたウィルスだが、 米国では、通常あまり報告がないウィルスです。” Q: What are the symptoms of EV-D68 infection?   EV-D68の症状は何ですか? A: EV-D68 can cause mild to severe respiratory illness. ”軽度~重度の呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。” Mild symptoms may include fever, runny nose, sneezing, cough, and body and muscle aches. ”発熱、鼻水、くしゃみ、咳、身体や筋肉の痛みなど、軽度な症状も含まれます。” Most of the children who got very ill with EV-D68 infection in Missouri and Illinois had difficulty breathing, and some had wheezing. Many of these children had asthma or a history of wheezing. ”EV-D68にかかった、ミズーリ州とイリノイ州の子供たちのほとんどが、呼吸困難や喘鳴を発症しました。それらの子供たちの多くが、ぜんそくを患っていたり喘鳴を起こした経験のある子たちでした。” *ネモトが翻訳してます。日本語訳は、あくまで参考です。 CDCの掲載事項を確認してください。 詳細は、CDCのサイトでご確認をどうぞ。 (Centers of Disease Control and Prevention) web-site

それでは、また。

#医療英語