「梅」は「Japanese plum」ではない話

更新日:2020年5月19日


どーも。ご無沙汰ております。NEXUSよりネモトです。

本日は、お久しぶりにお会いしたお客様との会話で

出たご質問を皆様とシェアしたいと思います。

皆さんは、日本の「梅」を英語で何というかご存じですか

わたしは、今日の今日までずっと

「Japanese plum」だと思っていました。

自分で調べた記憶もなく、

おそらく、誰かが「Japanese plum」と呼んでいたので、

それが正しいと勝手に思い込んでいたのだと思います。

でっ。

じゃあ、「梅」は何と言うのか

調べてみました。

「梅」 ⇒ 「Japanese apricot」

どーやら「Plum」じゃなかったらしいんです。

正式名は、「Prunus mume」だそうですが、

これだとおそらく誰もわからないだろうと予測します。

一応、言い訳としてココに抜粋しましたが、

ウィキペディアには以下のように記されていました。

「This distinct tree species is related to both the plum and apricot trees.

(この独特の木(梅)は、プラムとアプリコットと交雑している。)

Although generally referred to as a plum in English, it is more closely related to the apricot.」

(一般的に英語では、「プラム」と呼ばれているが、実際にはアプリコットにより近い)

なので、私に限らず、梅は、Japanese plum だと思っている人が、

ネイティブにも少なくないようです。(ラスさんもその一人)

実際、「Japanese apricot」と言っても 

イコール「梅」をイメージできるかというと

そこは正直疑問に残るところでもあります。

がしかし、調べてみると以下のようになっておりましたので、

ご参考頂ければと存じます。

梅:Japanese apricot

杏子/アプリコット:Apricot

スモモ:Japanese plum/ Chinese plum

なお、今回ご紹介させていただいた単語は、

専門的な名称等は割愛させていただきました。

ご了承くださいませ。

それでは、また。

#日常英会話

340回の閲覧

最新記事

すべて表示

"vineyard"と"winery"は違うものらしい

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ

「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。 ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。 何故かというと 「pinch」の意味を確認してみてください。 *英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。 「Pinch」は、動詞だと (v)

「校門」&「肛門」英語の同音異義語

こんにちは。NEXUSよりネモトです。 タイトルにあるように日本語にも発音が同じで全く意味が違うものがありますよね。 (例)「はし」と「橋」、「柿」と「牡蠣」「医師」と「意思」 英語にも発音が同じで意味が違う単語等が存在します。それらを紹介してくださっているのが、以下の記事です。 同記事はある方からご紹介いただきました。ご本人に確認しておりませんので、お名前はお出し