• Miyuki Nemoto

機内にたいまつ持ち込めますか!?


こんにちは。NEXUSのネモトです。 お久しぶりに「アメリカ英語VSイギリス英語」のテーマで お話をしたいと思います。 先日、当スクールに通われている学生の方に イギリス英語とアメリカ英語の違いを表した絵図を みせてもらったのですが、 その中には、私自身も知らないものがございましたので、 皆さんとシェアしたいと思います。 こちらの例文をご覧ください。 Can I bring a torch on a plane? ”機内に「たいまつ」は持ち込めますか?” ではありません。 「懐中電灯」は、アメリカ英語では、「A flashlight」 と言いますが、 イギリス英語では、「A torch」と言うそうです。 「 ”Torch” !? って ”たいまつ” じゃないの?」と私。。。。 イギリスでは、「懐中電灯」の意味があるらしいです。 同じ英語でもイギリスとアメリカで意味が違うんですねえ。 ちなみに、 こんなイディオムもあります。 「carry a torch (for someone)」 <Definition> 1.to be romantically interested in someone who does not share the same feelings. Usage is often limited to romantic interest in a previous partner. 2.If you say that someone is carrying the torch of a particular belief or movement, you mean that they are working hard to ensure that it is not forgotten and continues to grow stronger. <英辞郎では> ~に恋をする、恋に苦しむ、恋の炎を燃やす、愛の灯を燃やす、片思いをする、忠誠を尽くす、運動をする <例文1> She's been carrying a torch for her ex-husband for years. <例文2>This group aims to carry the torch for the millions who demonstrated and the thousands who died... Definition2(例文2)の方が一般的によく聞くかもしれません。 ご参考まで。 それでは、また。

#イギリス英語