アメリカの寿司レストラン

Updated: May 19


前回の続きです。

アメリカの寿司レストランは、

日本と同じような握りもありますが、

巻き寿司の方がどちらかというと人気です。

最近は、変わってきていると思いますが、

アメリカでは、一般に魚を生で食べない人が多く、

ステーキでさえもウェルダンじゃないとイヤだという人が

思った以上に存在するため、

生の握り寿司は苦手なアメリカ人は少なくないです。

(*ステーキは、ミディアムレアが好きな人、握りずしやカルパッチョが好きな人は、食通な人か、アメリカ育ちじゃない人に多い )

元夫も日本食が食べられない

典型的なアメリカ人だったせいもあり、

日本食を家で作ることはほとんどなかった私。

ゆえに日本食を食べる機会は比較的少なかったと思います。

そんな元夫Mが寿司レストランに行って食べるのは、

アナゴやウナギのように既に料理されている魚だけ。

日本でもおなじみのカリフォルニアロールとか。

生の魚がダメなくせして、

「俺は、日本食が大好きだ」

と意味のない自慢をしていたM。

「ひじきご飯をワイルドライスだと

信じて食ってるくせによく言うわ。」と

心の中でつぶやいていた私。

(そして、ひじきは海藻だという事実を彼は今も知らない。)

とは言え、

アメリカ人の好みに合わせた

アメリカンスタイルの巻き寿司が、

実は結構わたし好きでした。

お気に入りは、

スパイダーロール(Spider roll)

Soft shell crab (アオガニの脱皮した直後のもの)を揚げて

海苔巻きにしてあるヤツなんだけど、

これがまた美味なのよ。

アメリカのお寿司屋さんに行かれたら、

是非、皆さんお試しください。

日本のお寿司屋さんでは味わえない

アメリカンスタイルのお寿司です。

それでは、また。

スパイダーロール(Spider roll)

出典:Pinterest.com

#アメリカ

Recent Posts

See All

洗濯に関する注意事項 in アメリカ

どーも。NEXUSのネモトです。 今日は、お久しぶりにアメリカに留学/赴任した際、 知っておくと便利な情報をご案内できればと思います。 タイトルの通り、洗濯に関する注意点です。 洗濯なんてどこでも一緒でしょう? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 日本とは違った事情や習慣もありますので知っておくと便利です。 その1:毎日洗濯しない アメリカ人は、日本のように毎日洗濯をしません

”Lower 48”の意味

こんにちは。NEXUS Englishマンツーマン会話よりネモトです。 ここ最近、アメリカでは、 アラスカに関係するドキュメンタリー番組が多く放送されています。 ネモトのお気に入りは、"Life below zero" & "Yukon men" ですが、 これらの番組の中で、頻繁に聞こえてくる単語があります。 それが、"Lower 48" これらの番組を観るまで、私自身も知りませんでした。 どん

「サーティワン」って何だ!?

私のサーティワンお気に入りフレーバーは、「ロッキーロード」。 「サーティワン」と言えば、アメリカ生まれのアイスクリーム・ショップです。 でもアメリカでは、「サーティワン」とは言いません。 アメリカ人に「サーティワン」と言ってもわかってもらえないかもしれません。 「Baskin Robbins」(バスキン ロビンス)と言います。 創業者二人の名前(Last name)をとってバスキン ロビンス にな