「busy」と「crowded」

最終更新: 2020年5月19日


こんにちは。NEXUSよりネモトです。

本日は、お客様からいただいたご質問を

皆さんとシェアしたいと思います。

Q. ディズニーランドの事を話していて、混んでいる事を「busy 」と英国人の同僚が言っていました。これは「crowded 」と同じように使っていいのでしょうか?

A. はい、おっしゃる通り、同じ意味で使われます。

しかしイメージとしては、

以下のように使い分けることができます。

英英辞書(longman dictionary) で調べてみましたので、

ご確認くださいませ。

◆「Busy」は、「にぎやか」「活気がある」「にぎわっている」

Busy】 "(place) a busy place is very full of people or vehicles and movement."

(ex) "We live in a very busy road."

◆「Crowded」は、「混雑している」「混み合った」

Crowded】 "too full of people or things. "

(ex) "The train was crowded."

以上のように、微妙なニュアンスが違います。

それでは、また。

#学校英語 #英検 #TOEIC #英文法

72回の閲覧

最新記事

すべて表示

ややこしい!?「half」の使い方

前回「halves」と「halve」についてお話しましたが、「halves」は「half」の複数形、「halve」は half の動詞と学びました。 今日は「half」の正しい使い方についてお話したいと思います。 前回のブログも合わせてお読みいただくとよいかと存じます。 英会話を学んでいる方はもちろん英語系試験を受ける方は、「half」の使い方は覚えておくと非常に便利です。 とくにTOEICリスニ

ややこしい!?「halve」と「halves」

「half」の基本系は「半分」の意であることは皆さんご存知かと思いますが、 「halve」の単語を耳にしたこと/聞いたことはありますか? 「half」は通常、名詞として使われることが多いのですが「halve」 は動詞です。 ややこしいことに「halves」となると「half」の複数形になります。 と言うわけで、 本日は、あまり日本人に馴染みのない単語「halve」・「halves」のお話です。 「

大学共通テスト2021年「英語」に何が起こったのか?

2021年から始まった共通テストの中でもセンター試験と大きく変わったと言われている「英語」の出題問題について本日はお話したいと思います。 センター試験ではリーディング&リスニング問題の他、発音、アクセント、文法問題がありましたが、今年から始まった共通テストは、リーディング&リスニングのみとなりました。 発音やアクセントの問題が今まであったことの方がむしろ謎ですが、この度の変更は、英会話ができる人に