「meet + 人」と「meet with + 人」の違い


こんにちは。 NEXUS【ネクサス】Englishマンツーマン英会話よりネモトです。 突然ですが、問題です。 Meetは「会う」という意味なのは、ご存じの方も多いかと思いますが、 こちらの三つの文章の違いは、わかりますか? Meet(現在形)ー Met(過去形)ー Met(過去分詞形) 1.I met a lawyer yesterday. 2・I met with a lawyer yesterday. 3.I met my lawyer yesterday. <答え> 1.「昨日、弁護士だという人に会った。」 "a" がついているので、(いっぱいいるうちの)弁護士の一人 に会ったという意味になります。 【aの基本的イメージ】 ”aは「同じ種類のモノがいくつもあるうちの1つ」です。 さらに、形あるモノの輪郭を相手に伝える機能をもっています。” 2.「昨日、弁護士に会ってきた。」 ”with” が有ると意味が変わり、 「約束をしていた(会う予定だった)弁護士と会った」となります。 この場合、聞き手は、この時点で、 弁護士が誰なのか知らないので、”a ”がついています。 3.「昨日、私の弁護士(顧問弁護士等、 自分が世話になっている弁護士)に会ってきた。」 という意味になります。 シンプルな文章ですが、 意外とややこしい例文のご紹介でした。 それでは。また。

#英文法 #英検

184回の閲覧

最新記事

すべて表示

ややこしい!?「half」の使い方

前回「halves」と「halve」についてお話しましたが、「halves」は「half」の複数形、「halve」は half の動詞と学びました。 今日は「half」の正しい使い方についてお話したいと思います。 前回のブログも合わせてお読みいただくとよいかと存じます。 英会話を学んでいる方はもちろん英語系試験を受ける方は、「half」の使い方は覚えておくと非常に便利です。 とくにTOEICリスニ

ややこしい!?「halve」と「halves」

「half」の基本系は「半分」の意であることは皆さんご存知かと思いますが、 「halve」の単語を耳にしたこと/聞いたことはありますか? 「half」は通常、名詞として使われることが多いのですが「halve」 は動詞です。 ややこしいことに「halves」となると「half」の複数形になります。 と言うわけで、 本日は、あまり日本人に馴染みのない単語「halve」・「halves」のお話です。 「

「Would you like some tea?」の「some」

◆Would you like some tea? (お茶はいかがですか?) 丸暗記して覚えたからなのか?私自身、今まで考えたこともなかった疑問。 Q. なぜ「tea」の前に「some」が入るのでしょうか? A. 「tea」は数えられない名詞だからです。 (Russより) ちなみに ◆Would you like some tea? より丁寧な言い方もあります。 お上品に聞こえる言い方はこちら。