あなたの英語が通じないホントーの理由


こんにちは。NEXUSよりネモトです。

さて、今日は真面目に英会話のお話です。

英会話を学んでみたい/学んでいる人で、

以下に当てはまる人は、いらっしゃいますか?

◆英語にはある程度自信があるのだが、なぜか自分が話す英語が通じない又はよく聞き返される。

◆学生時代英語は得意だった。又は、受験勉強でもそれなりに英語を勉強してきたため、読解や文法に関する知識は十分にある。ゆえに英語には自信があった。

◆英会話のテキストをみると簡単にみえる。

英会話スクールのテキストをみて、「こんなの知ってるよ」「意味ない」と感じている。

もし、一つでも当てはまる方は、一読していただき、

今後の英会話学習にお役立ていただければと思います。

****************************

簡単に感じるテキストでも

同じ内容の英語を書いたり話したりすることはできますか?

話せない人は、ココが欠けている場合がほとんどです。

しかし、

これは言ってみれば日本の英語教育が生んだ賜物。

なぜなら、学校英語では、翻訳の練習はしても、

自分の思っていることを書く作業、

英語で作文を書くことや英語で意見を述べる等

やってきていない場合がほとんどだからです。

仕方ないことです。

最近では、英検や入試試験でも

自分の意見を英文で書く質問が出題されており、

日本の英語教育に対する考え方も

少しづつ変わってきている傾向にあるかと思います。

とは言え、相変わらず、

基本的な知識は持っているけれど

英会話となると苦手意識を持つ人は、

少なくないのが現状です。

知識はあるし、ある程度の自信があるけれど

発話してみるものの、なぜか通じない人。

一つ前置きさせていただきたいのは、

英会話を教える立場にある外国人や

日本に長く住んでいる外国人は、

私たち日本人の英語に慣れているため、

彼らと話しているだけでは

これらを実感できない場合があります。

一番実感できるのは、

日本人になれていない外国人と話したとき、

または外国に行ったときでしょう。

日本語を母国語とする人であれば、

誰もが一度は経験したことがあるかと思います。

是非ご参考くださいね。

前置きが長くなりましたが、

発音が悪いから自分の英語は通じないと

思っていらっしゃいませんか

でもホントーの理由は他にあるかもしれません。

相手に通じる英語を話すためには、発音は確かに重要です。

しかし、世界では第二言語として英語を話す人の方が多く、

母国語訛りの英語を話す人の方が

圧倒的に多いことを考えると、

ネイティブのような発音である必要はありません。

日本では、ジャパニーズ英語は

カッコ悪い、流暢に聞こえない、

相手に通じないと勘違いしている人が多いですが、

それは違います。

ココでいうジャパニーズ英語とは、

日本語訛りのある英語で、カタカナ英語とは違います。

(カタカナ英語や誤った発音はダメです。)

何度も申し上げますが、

相手に通じなければ意味がないので、

もちろん発音は重要です。

でも、通じる英語を話すためには、

ネイティブの発音に近づこうとするよりも

抑揚;イントネーションの方がより重要なのです。

英語には英語独特のリズムがあります。

このリズムが

通じる英語を話すためのコツ、その1です。

ポイントその1:抑揚;イントネーション

英語のリズム/抑揚をつかむためには、

シャドウイング&音読がおススメです。

詳細はここでは割愛させていただきますが、

ご了承くださいませ。

その2: 「早く話す = 流暢な英語 」と

勘違いしている人はいらっしゃいませんか

日本語のような口調で、

英語を早口でしゃべると抑揚のない

非常に聞き取りづらい英語に聞えます。

これは、英語にある程度自信がある人に多い傾向です。

早口で英語を話すと同時に

しっかりイントネーション/抑揚をつけることは、

ネイティブではない私たちにとっては、

正直なところ、至難の業です。

なので、    

ポイントその2:Slow down.

「早く話す = 流暢な英語 」ではありません。

むしろ、ゆっくり話した方が通じます。

と言っても

途切れ途切れ話すリズムのない英語ではダメです。

お手本は、ニュースを読む人たち。 A news presenter、

a newscaster、anchorman or anchorwoman 等と

呼ばれる人達です。

彼らは、はっきり&ゆっくりと話しますので、

ノンネイティブの私たちには良いお手本となる

スピードかなと思います。

何度も申し上げますが、

ポイントは、抑揚;イントネーション です。

実は、わたしも似たような経験があります。

その昔、アメリカに居たころ、

コミュニケーションが取れる十分な英語力があると

信じていました。

当時は留守番電話に自分の声で

メッセージを入れるのが常でした。

ある日、私も自分の声で入れてみようと

留守電のメッセージを録音してみました。