「開運なんでも鑑定団」のヘンな英語の使い方!?


どーも。ネモトです。 

突然ですが、

テレビ番組、「開運なんでも鑑定団」をご存じですが?

関東では、(?)テレビ東京で放送されています。

ご存じのない方に簡単に説明しますと

持ち込んだ「お宝」を鑑定士又は専門家(?)が鑑定し、

その結果を発表する番組です。

番組独自の鑑定価格が発表されるのですが、

今田耕司さんが「オープン・ザ・プライス」とおっしゃり、

鑑定価格が電光表示板に表示されます。

問題(?)は、このフレーズ。「オープン・ザ・プライス」

番組を観るたびに気になっていたんです。

「Open the price.」 じゃなくて、

「Show me the price.」 だろ~と。

長者番組で、

長年このフレーズを使っているので、

今更変えることはできないかもしれません。

しかしあえて私は申し上げます。

「Open the price. 」は、はっきり言ってヘンです。

おそらく「電光表示版の価格を開けてください。」

という意味で直訳した英語を使っていると想像します。

念のため、Russに確認したところ、

(彼はこの番組を知っていました。。。子どもさんと一緒によく観ていたらしいです。)

「オープン・ザ・プライス」でも言いたいことはわかるそうです。

文法的には間違っていないけれども

すわりの悪いような、不自然な英語に聞こえるため、

「Show me the price.」と言った方が、

ナチュラルな英語に聞こえるのだそう。

そのため、彼だったらやっぱり

「Show me the price.」

又は、ちょっとクイズ番組風に

「 Let's see the price. 」って言うかなあ。

とおっしゃっておりました。

というわけで、

番組プロデューサーさん

次回から「Show me the price.」に変えませんか?

なんちゃって!じゃあね。


閲覧数:146回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ