銅じゃないのに銅メダル

最終更新: 2020年5月19日


こんにちは。 Nexus【ネクサス】English マンツーマン英会話よりネモトです。 先日、受講生からレッスン中にあった質問です。

『銅』は英語で、『Copper』 しかしなぜか、 銅メダルは、『A Bronze medal』 『Bronze』の日本語訳は、『青銅』

なぜ青銅メダルにしなかったのかしら? 金(^-^)/、銀(^-^)/、ときて、「青銅」( ̄ー ̄;では、 なんとなく聞こえが悪いからなのか? 語呂が悪いからなのか? 安っぽく聞こえるとか?

この単語を日本語に最初に訳した人が意図的に意訳したのかなあ。 そんな気がします。 (と思いたい。。。) 確かに、金↑、銀↑、青銅→より 金↑、銀↑、銅↑ の方が聞こえがカッコイイし なんとなくテンションが上がるかも。 (私だけ??)

今更、誤訳でしたと「青銅メダル」と変えるとは きっと誰も言わないよねー。

********************************

”カタカナ英語は、英語ではなくて日本語だよ。” とネモトお気に入りの オーストラリア出身の講師に言われたことがあります。

彼が言っていた意味がわかるような気がしたお話でした。 それでは、また。

#カタカナ英語 #和製英語

70回の閲覧

最新記事

すべて表示

「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。 ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。 何故かというと 「pinch」の意味を確認してみてください。 *英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。 「Pinch」は、動詞だと (v)

「校門」&「肛門」英語の同音異義語

こんにちは。NEXUSよりネモトです。 タイトルにあるように日本語にも発音が同じで全く意味が違うものがありますよね。 (例)「はし」と「橋」、「柿」と「牡蠣」「医師」と「意思」 英語にも発音が同じで意味が違う単語等が存在します。それらを紹介してくださっているのが、以下の記事です。 同記事はある方からご紹介いただきました。ご本人に確認しておりませんので、お名前はお出し

なぜ"Me too"じゃないのですか?

こんにちは。NEXUSよりネモトです。本日ご紹介するのは、受講生から頂いた質問です。 【ご質問】 自己紹介で「Nice to meet you.」と言ったら、「You, too」と相手の方がおっしゃったのですが、なぜ「Me, too.」ではないのでしょうか? Aさん: (It's)  nice to meet you. Bさん: You, too ○ 【回答】 これは単純に "(It's) nic