「さぼる」の語源はフランス語!?

最終更新: 2020年5月23日


こんにちは。 NEXUS【ネクサス】Englishマンツーマン英会話よりネモトです。 本日は、日本語の「さぼる」についてお話をしたいと思います。 受講生から昨日教えて頂いたのですが、 「さぼる」という言葉は フランス語の「sabotage」からきているそうです。 そうなんだあ。と思わず感心。 どこからどうやってフランス語が日本に入ってきたのか なんとも興味深いお話です。 ご存じの方も多いかと思いますが、 じつは英語にも「sabotage」という単語があります。 「妨害(する)」という意味で使うことが多く、 (動詞又は名詞) 「さぼる」またはそれに近い意味で使われているケースは 聞いたことがありませんでした。 勝手な憶測ですが、 フランス語ではスペルが同じでも意味が英語と違うのでしょうか? ご存じの方、コメントお願いいたします。 是非、教えてくださいね。 と言うわけで 英語では、どうなのか? アメリカ人のラスに聞いてみました。 (彼はフランス語を知りません。) やはり、英語の「sabotage」には、 「さぼる」「怠ける」といった意味はないそうです。 [Sabotage] 1.(verb) deliberately destroy, damage, or obstruct (something), especially for political or military advantage. 2.(noun)the action of sabotaging something. <英辞郎> http://eow.alc.co.jp/search?q=sabotage 【他動】 〈フランス語〉〔戦時中などに〕~に破壊工作を行う 〈フランス語〉~に妨害工作を行う 【名】 〈フランス語〉サボタージュ、妨害[破壊]工作◆経営者や戦時中の敵に損害を与えるために、工場などの建物や施設を故意に破壊すること。 〈フランス語〉〔意図的な〕妨害行為 英語に限っていうならば、 彼の推測では、 可能性として、[Sabotage]よりも[Insubordinate]の方が 意味が近いかもね。とのことでした。 ちなみに[Insubordinate]の意味は以下の通りです。 [Insubordinate] http://www.thefreedictionary.com/insubordinate Insubordinate implies failure or refusal to submit to the authority of a superior: Not submissive to authority; disobedient or rebellious. unruly. A person who is insubordinate. <英辞郎> http://eow.alc.co.jp/search?q=insubordinate 【形】服従しない、従順でない、反抗的な [insubordination] http://www.vocabulary.com/dictionary/insubordination People in charge — like bosses and teachers — hate insubordination, which means that someone is defying their authority. When a student is disrespectful to a teacher or says something like "I won't do this homework!", that's an act of insubordination. If a teacher didn't do what the principal wanted, that would also be insubordination. This word is often used in relation to the military, where giving and taking orders is extremely important. A soldier who commits insubordination — by disobeying an order — can be in a lot of trouble. Anywhere there's insubordination, someone with less power (a subordinate) is giving someone with more power a whole lot of trouble. 「さぼる」という言葉はフランス語から来ていることは わかったのですが、 なぜ[Sabotage]が「さぼる」という意味で使われるようになったのか? ちょっと不思議なお話でした。 それでは、また

#Lostintranslation

最新記事

すべて表示

「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。 ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。 何故かというと 「pinch」の意味を確認してみてください。 *英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。 「Pinch」は、動詞だと (v)

「校門」&「肛門」英語の同音異義語

こんにちは。NEXUSよりネモトです。 タイトルにあるように日本語にも発音が同じで全く意味が違うものがありますよね。 (例)「はし」と「橋」、「柿」と「牡蠣」「医師」と「意思」 英語にも発音が同じで意味が違う単語等が存在します。それらを紹介してくださっているのが、以下の記事です。 同記事はある方からご紹介いただきました。ご本人に確認しておりませんので、お名前はお出し

なぜ"Me too"じゃないのですか?

こんにちは。NEXUSよりネモトです。本日ご紹介するのは、受講生から頂いた質問です。 【ご質問】 自己紹介で「Nice to meet you.」と言ったら、「You, too」と相手の方がおっしゃったのですが、なぜ「Me, too.」ではないのでしょうか? Aさん: (It's)  nice to meet you. Bさん: You, too ○ 【回答】 これは単純に "(It's) nic