• Miyuki Nemoto

【アメリカ南部編】新年に何を食べるの?


Happy New Year 2015!

改めまして、新年、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

NEXUS English (ネクサス イングリッシュ) マンツーマン英会話よりネモトです。

本日が仕事始めの方も多いかと思いますが、

皆さんはお正月をどのようにお過ごしになられましたでしょうか?

今年こそは、英語が話せる自分を目指して、一緒に頑張りましょうね!

それでは、前回ブログの続きに参りましょう。

*********************************************************

前回のお話では、大晦日に食べるGumboについてご紹介させていただきましたが、

本日は、新年の食べ物についてご紹介したいと思います。

これからご紹介する食べ物は、アメリカでも南部にとくにみられる習慣ですので、ご了承くださいませ。

元夫は、シアトル生まれですが、彼の祖母はジョージア州出身のため、

これらの食べ物を新年に食べる習慣があったのだと思われます。

Black Eyed Peas (黒目豆)

Collard Greens (カラードグリーンズ)

ほうれん草や小松菜、ケールなどに近いかと思いますが、葉が堅いので、アメリカ南部では、長時間調理をするのが、通例です。

Cornbread (コーンブレッド)

コーンミールと小麦粉を使って作る重たいケーキのようなブレッド。

(甘いヴァージョンとと甘くないバージョンがあります。)

Black Eyed Peas は Good Luck (幸運)を意味するらしいです。

元夫の祖母によれば、Black Eyed Peasは、

その昔、家畜飼料とされていたそうで、

白人の人たちは食べずに、

奴隷の人たちに与えていた食べ物だったらしいです。

その与えられた食べ物で新年を祝ったことが、

現在もそのまま習慣として残っているというお話でした。

また、Collard Greens は、緑色なので、お金を意味することから、

金運を祈って食べるものらしいです。

蛇足ですが、アメリカ紙幣は、緑色のインクで印刷されているため、

(と言っても最近の紙幣はあまり緑っぽくないような気もしますが。。。)

お金のことを「Green」と言う人もいます。

Green には他にも意味が結構あるのですが、

そちらは次回のブログにて詳しくお話できればと思います。

********************************************************

私が元夫の家族に聞いた話はココまでです。

なぜ Cornbread を食べるのか?

わかりません。

Collard Greens を作ったときは、Cornbreadも一緒に作ってくれと元夫は、いつも言っていたので、

Collard Greens と Cornbread はコンビで作るものだと勝手に思い込んでいました。

で、結局

これらの食べ物を新年に食べる習慣がどこから来ているのか、わからなかったので、ちょっと調べてみました。

やはり、諸説があるようですので、リンクだけ貼っておきますね。

更にご興味のある方は、以下のリンクをご参考になさってください。

Black Eyed Peas for New Year's Luck

Collard Greens and Cornbread for New Year's Wealth

それでは、また。

エリア:日高市、飯能市、越生町、毛呂山町、狭山市、坂戸市、鶴ヶ島市、入間市、所沢市、川越市、なめかわ町、ときがわ町対応

#アメリカ文化 #アメリカ習慣

546 views