「Xmas」は間違っている?


こんにちは。NEXUS English (ネクサス イングリッシュ) マンツーマン英会話よりネモトです。

もうすぐクリスマスですね。

というわけで、

今回は、クリスマスの表記についてお話したいと思います。

まず初めに、

クリスマスが、Jesus Christ(イエス・キリスト)の 「生誕(降誕)をお祝いする日」 だということは、

皆さんご存知ですよね?

でも実は、

12月25日は、Jesus Christ(イエス・キリスト) の誕生日ではありません。

あくまで、生誕をお祝いする日となっています。

正確な記録が残っていないらしいです。

Christmas = Christ(キリスト)+ Mass (感謝の典礼)

***************************************************

では、本題に入りましょう。

「クリスマスの表記。」

関連記事リンク (英語)

Is it wrong to say “Xmas” instead of “Christmas”?

Annoyed when people say “Xmas” instead of Christmas? Should you be?

Wikipedia「Xmas」

私自身、「Xmas」は「Christmas」を単純に省略した表記方法だと思って使っていました。 結論から申し上げますと、「Xmas」は誤った表記ではありません。

" Xmas is simply an abbreviation of Christmas."

(訳:Xmasは単なるChristmasの略称です。)

まあ、私の解釈は正しかったようです。 しかし、人によっては、「Xmas」の表記を嫌う方々もいらっしゃいます。 何故なのか?

人によっては、 「Xmas」 すなわち 「Christに×(バツ)をつける」 = 「Christ(キリスト)をクリスマスから取り除く」

と解釈する人達が存在するからです。 でも実際は、 ギリシャ語で、"Christ"(キリスト)は「Χριστός」 と書くことから、ギリシャ語の頭文字を取り、 単純にキリストを省略して「X」と表記していたのが始まりだそうで、 「 No grand conspiracy to take Christ out of Christmas. Just an abbreviation.」 とりあえず、「Xmas」と書いても決して悪い意味ではなさそうです。

【結論】 できるだけ、「Xmas」は使わない方がいいのかもしれない。 と感じたネモトでした。 ちなみに 相手の宗教等を心配するのであれば、 (クリスマスをお祝いしない方もいらっしゃいますので) 「Merry Christmas!」とは言わず、 「Happy Holidays!」を使いましょうね。 それでは、また。 Happy Holidays!

対応エリア:日高市、飯能市、越生町、毛呂山町、狭山市、坂戸市、鶴ヶ島市、入間市、所沢市、川越市、なめかわ町、ときがわ町

#クリスマス #アメリカ文化 #アメリカ習慣

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。 ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。 何故かというと 「pinch」の意味を確認してみてください。 *英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。 「Pinch」は、動詞だと (v)

「校門」&「肛門」英語の同音異義語

こんにちは。NEXUSよりネモトです。 タイトルにあるように日本語にも発音が同じで全く意味が違うものがありますよね。 (例)「はし」と「橋」、「柿」と「牡蠣」「医師」と「意思」 英語にも発音が同じで意味が違う単語等が存在します。それらを紹介してくださっているのが、以下の記事です。 同記事はある方からご紹介いただきました。ご本人に確認しておりませんので、お名前はお出し

なぜ"Me too"じゃないのですか?

こんにちは。NEXUSよりネモトです。本日ご紹介するのは、受講生から頂いた質問です。 【ご質問】 自己紹介で「Nice to meet you.」と言ったら、「You, too」と相手の方がおっしゃったのですが、なぜ「Me, too.」ではないのでしょうか? Aさん: (It's)  nice to meet you. Bさん: You, too ○ 【回答】 これは単純に "(It's) nic