アメリカでサッカー人気がイマイチの理由


こんにちは。根本です。

ワールドカップ ブラジル大会。

盛り上がってますね。

私自身は、あまり興味がないのですが、

(すみません。)( ̄_ ̄ i)

受講生の方からこんな質問がありましたので、お話できればと思います。

「アメリカでサッカー人気がイマイチなのは、どうしてですか?」

ラス(アメリカ出身)の返答がなかなか興味深いものでしたので、

皆さんとシェアしたいと思います。

はっきりした理由はわからないと前置きしたうえで、



こんなお話をしてくれました。

彼の見解では、

理由:サッカーはイギリス発祥のスポーツだから

どういうことかというと

植民地時代〜英国から独立してまもない時代にかけて

アメリカは酷くイギリスを嫌っていたそうです。

(政治的な理由が主な原因だったと思われます。)

歴史的にも事件がいくつかあって, 

「The Boston Tea Party 1773」(ボストン茶会事件)は

有名なお話ですね。

ご存じのない方は以下のリンクを参考にしてみてください。

ボストン茶会事件について(日本語)

The Boston Tea Partyについて (英語)  

(比較的やさしい英語で説明されてます。)

当時、アメリカ人のイギリス嫌いは相当なものだったようで、

テーブルマナーの違いや

アメリカ英語とイギリス英語のアクセントの違い等、

イギリス嫌いが原因で、



当時のアメリカが意図的に変えていったものが多く存在するとか。

つまりサッカーやラグビー、クリケットは、



イギリスのスポーツとみなされるため、

その名残でアメリカではあまり人気がないのかもしれないということでした。

ゴルフもイギリス発祥ですが、



アメリカでもそれなりに人気がありますので、



ゴルフは例外なのかもしれません。(苦笑)


近年ではオリンピック女子チームの活躍も手伝って



アメリカでもサッカー人気が高まりつつあります。



しかしアメフトや野球、バスケットボールには残念ながら及ばないようです。

次回は、アメリカとイギリスのテーブルマナーの違いをご紹介します。

それではまた。


#アメリカ文化 #アメリカ習慣

最新記事

すべて表示

コロンブスはアメリカ大陸を発見してない問題

私達(1970年生まれ)が子供の頃、コロンブス・クリストファーがアメリカ大陸を発見したと教わりました。 根本自身がコロンブスの伝記を読んだのは小学校高学年だったと思います。 おそらく現在も同じことを子ども達に教えていると推測しますが、もし違っていたらコメントお願い致します。 個人的には、美化されすぎた話だと思っていて、アメリカ大陸には、既に住んでいる人達がいたのだから、厳密には「発見」とは言えない

洗濯に関する注意事項 in アメリカ

どーも。NEXUSのネモトです。 今日は、お久しぶりにアメリカに留学/赴任した際、 知っておくと便利な情報をご案内できればと思います。 タイトルの通り、洗濯に関する注意点です。 洗濯なんてどこでも一緒でしょう? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 日本とは違った事情や習慣もありますので知っておくと便利です。 その1:毎日洗濯しない アメリカ人は、日本のように毎日洗濯をしません

”Lower 48”の意味

こんにちは。NEXUS Englishマンツーマン会話よりネモトです。 ここ最近、アメリカでは、 アラスカに関係するドキュメンタリー番組が多く放送されています。 ネモトのお気に入りは、"Life below zero" & "Yukon men" ですが、 これらの番組の中で、頻繁に聞こえてくる単語があります。 それが、"Lower 48" これらの番組を観るまで、私自身も知りませんでした。 どん