• Miyuki Nemoto

飲みに行けない日本人留学生 Part2

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。



前回は、アメリカでの飲酒は21歳以上ですというお話をしました。



21歳未満でお酒が飲みたい留学生は、



他人のIDを借りて飲みに行くという姑息な手段を使うのは止めて、



隣国のカナダ(18歳 or 19歳以上 州によって違います)や



メキシコ(18歳以上)に行く人もいます。



勉強に行ってるわけだし、



お酒なんぞ飲まなくても楽しいことは一杯あるので、



皆さんも健康的な遊びをしましょうね。



それだけではありません。



私のように被害に合わないためにもIDを他人に貸すのは絶対にやめましょう。



何も考えずに貸してしまうアホ(わたしです。。)もいます。



そんな方たちのためにご忠告させていただきました。



IDを無くされただけで事が済めばまだマシですよ。



実は、この話には続きがあります。



IDの事件が起きてから、かなりの月日が経っていたかと思います。



あの後、私のIDがどうなったのかは、不明のままでした。



元bouncer(ナイトクラブやバー等の入口に立っていてIDやBody チェックをしたりするセキュリティーの人)に聞いたところ、



他人のIDや偽造IDを使ってナイトクラブに入ろうとしても、



ほとんどの場合、警察に届けることはしないそうです。



それだけ、ニセのIDを使ってクラブに入ろうとする人が



多く存在するということなのでしょうか。



通常は、破棄して終わりらしいです。



ただ、悪用されることが稀にあるというのです。



取り上げたIDを転売する悪い人がいるとのお話だったのですが、



まさか、私が被害者になるとは、夢にも思っていませんでした。。。。



今考えただけでもホント--------にムカつきます。



なくされたIDが、見知らぬ女の手に渡り、悪用されていたのです。



次回 「事件に巻き込まれた留学生」にて、このお話の続きをいたします。



追伸:ブログで紹介しているお話は、すべて実話です。



*この記事は2014年に書き下ろしたものです。