飲みに行けない日本人留学生 PART1

こんにちは。根本です。



ご存じの方も多いと思いますが、



アメリカでは、選挙権は18歳以上、飲酒は21歳以上、



喫煙は州によって18歳、19歳、21歳と違います。



日本では、クラブやバーで身分証明書(ID)の提示を



必ずしも求められるわけではありませんが、



アメリカでは、30歳未満に見える人は必ず提示を求められます。



身分証明書(ID)が有効期限切れですと、21歳以上でもお酒を売ってもらえません。



理由は、21歳未満にお酒を提供したことがバレると



ライセンス(sheriffs card や liquor license)を取り上げられたり、



罰金、ひどいときは逮捕に至る場合があるからです。



(こちらの法律も州によって異なります。)



日本も最近は厳しくなりましたが、アメリカほどではないかもしれませんね。



同じESL(English as Second Language)に通っていた



日本人学生の多くは21歳未満だったため、20歳でもお酒を飲みに行くことができません。



私の場合は、お酒を飲みに行くお金もなかったですし、



年齢も21歳をとっくに過ぎていたため、気にすることではなかったのですが、



ある日、それほど親しくもない日本人の女の子にID(身分証明書)を



貸してくれと頼まれたことがありました。



理由を尋ねると自分のIDだとクラブに行けないので貸してほしいと言います。



今考えてみると、運転免許証を他人に貸すなんてありえない話です。



ホントに私も無知というかアホというか。。。。



何も考えてなかったんでしょうね。



そのうえ、IDの顔も違うのにどうして使えるのか?と尋ねたところ、



彼女いわく、アメリカ人にはアジア人は皆同じに見えるから大丈夫との事。



ちゃんと返してくれるならいいかっ。とあっさり貸してしまったのでした。 



その後、噂はどこからとも流れ、複数の学生が私のIDを借りに訪れるようになりました。



そして、ある事件が発覚します。。。



IDがいつになっても戻ってこない。



借りた本人に問いただしたところ、



クラブに入ろうとして、IDを提示したら、「この顔は君じゃない」と拒否され、



挙句の果てに、IDを取り上げられ、警察に連絡すると言われたので、



ビビッて逃げたというのです。



が-----------ん。  。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



ビビる私。



どうしよう。他人にIDを貸すって罪になるのかなあ。 



逮捕されたらどうしよう。



とりあえず、「IDを紛失してしまって探していた」と 



おまわりさんに言おうと腹をくくったのでした。



もちろん、私のIDが戻ってくることはありませんでしたが、



結局、何事も起こらずに時は過ぎていきました。



がしかし、、、、、



悲劇の始まりはこれからだったのです。



次回も、根本さんの留学珍道中は続きます。 



*この記事は2014年に書いたものです。

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

こんにちは。Nexusより根本です。 花火と言えば「夏」を想像される方が多いかと思いますが、 アメリカ人が想像するのは「Summer(夏)」というよりも ピンポイントで 「Fourth of July(Independence Day)」 (アメリカ独立記念日) または「A New Year」を想像される方が多いかと思います。 そして明日「7月4日」はアメリカの独立記念日、国民の祝日。 独立記念日