超カンタン英会話学習法

更新日:2020年5月21日

こんにちは。NEXUSよりネモトです。

ちょっと真面目に、英会話の勉強方法をご紹介したいと思います。

クラスで授業中にクラスメイトの前で、

英語の教科書を読まされた。そんな記憶ありませんか?

わたしは、嫌いでした。。。

何十年も過ぎた今でもはっきり覚えています。

自分の中では、テープ

(そうです。私の時代は、CDでもなくカセットテープの時代でした。) 

から流れてくる声を真似るのが、良いとばかり信じていました。

そして、私なりに真似て英語の教科書を読んでみました。

すると、

クラスの男の子たちが笑い始めました。

「根本、カッコつけてるのかよ。」と 一人の男子が言うと、

みんなが笑いました。

その後は、他の子たちと同じようにカタカナ英語で音読をした私。

今となっては、アホだったなあと思いますが、

当時は皆と同じことをしなければと必死でした。。。


そんなわけで、私は音読が嫌いでした。

話を戻しますが、音読の重要性について。

音読をバカにしてはいけません。

英語のプロを目指している方々も必ず行う

トレーニングの一つが音読です。

音読のすごいところは、

初級レベルから上級者まで使える学習方法のひとつなのです。

音読をする目的は、大きく分けて4つ。

(1)英語のリズム感をつかみ、滑らかに読めるようになるためのトレーニング。

英語には独特のリズムがあります。

発音&イントネーションが

正しくないと相手に意味が通じません。

意外と感じる方もいらっしゃる

かもしれませんが、

正しいイントネーション(抑揚)と発音、

リズム感は英語に欠かせません。

a. 変なところで区切って読んでいないか

b. 単語を正しく発音しているかどうか

c. 会話文は、人物の気持ちになって読めるか

d. 強調すべきところ、間を開けるべきところなど意識して読んでいるか?

(2) 単語やフレーズを覚える。

理由: 発音できない単語は覚えられない

(3) 言語表現能力を広げる。

回数を重ねていくと英語独特の言い回し、

語句、構成などが、

特に子供は (大人でも十分あり得ます)

いつしか感覚的に身体に刷り込まれます。

大人の場合は意識的

それらを実際に使ってみる事で、

自分のものにしていきます。

(4) 日本語に訳しながら読むクセをやめる。

単語やフレーズの意味を意識/理解しながら音読する。でも訳さない。イメージを浮かべながら、読むといいよ。

本日は、初級者向け音読学習法を簡単にご説明いたします。

まず、ご自身でお持ちのテキストや本。

読んで理解できるレベルの本。

またはちょっと簡単と感じる

くらいのものを使います。

何でもよいので、声に出して読みます。

できれば、CDなどのお手本付のテキストがよいでしょう。

黙読は、ダメです。

声に出すことで、

音と文字のつながりを理解できるようになります。

先程も申し上げましたが、

基本的に発音できないものは、

覚えられないものと思ってください。

出来る限り、英文の意味を確認しながら、

音読をやってみましょう。

意味もわからず音読をやっていると

無意味ではありませんが、

上記の目的(1)しか達成できません。

注意してくださいね。

**********************



日本語と英語では、

話すときに使っている口の回りの筋肉が違うそうです。

そのため、英会話が多少できる方でも

久しぶりに話すとパッと英語が出てこなかったり

滑らかな英語が出てこないのは、

このせいかもしれません。

まずは、

英語を話すことへの抵抗感をなくすために

音読を毎日5分やってみてください。

毎日繰り返すことで、

暗記しようと意識しなくても自然に覚えていきます。

脳が英語を話す自分に少しずつ慣れていくのか、

語順通りに理解できるようになっていきます。

根気よく続けましょう。

おそらく、朝が一番効果的かと推測しますが、

私自身は暇なときと夜寝る前にやってました。

最近はさぼり気味で、

気が向いた時したやってません。

簡単なので、皆さんも是非やってみてくださいね。



では。

最新記事

すべて表示

賢い人ほど英会話学習に苦労する!? パート2

こんにちは。Nexusよりネモトです。 賢い人ほど英会話学習に苦労するのは本当なのか?という素朴な疑問。 結論を先に申し上げますと、人によるので一概には言えないと思っています。 言語習得に頭の良し悪しは関係なく、 心理的要素が深く関わっていると言われているそうです。 小さい頃に英会話を始めるメリットの一つは、 「単純にこんなもんなんだ」と受け入れられる ある意味「素直」な気持ちかなあと思います。