留学先で最低限やるべきこと

こんにちは。根本です。



以前「留学前にできる限り英語力を伸ばすべき」というお話を



させていただいておりますが、覚えていらっしゃいますか? 



ある程度の英語力があれば、留学すると英語力がぐんと伸びます。



スタート地点が違うだけではありません。



上達のスピードも違います。



ですから、留学前に英語力を伸ばすことは非常に大切かと思います。



しかし、実際には、英語力もあまりないのに、



「行ったら何とかなる」精神で留学される方も少なくないでしょう。



そこで、私の考える、「留学先で最低限やるべきこと」をご紹介します。



英語レベルに関係なく実行できることなので、是非挑戦してみてください。



とくに、時間の限られている短期留学をされる方にお薦めです。



学校での勉強をきちんとしているという前提でのお話ですので、



お間違いのないように。。。。。



1、他国から来ている留学生との交流を積極的にもつ。



2、学校で企画されるイベントやアクティビティに参加する。



3、ホームスティやドーム(学生寮)に入居する。



4、日本人だけで行動するのは、できるだけ避ける。



付き合いの悪いヤツと思われても気にしないことです。



あなたが留学を決めた理由は何ですか?



外国にわざわざ行って日本人のお友達を作ることが、留学の目的ではないはずです。


一見、英語学習とは、関係ないように思えるかもしれませんが、



英語を使わなければいけない状況に自分を常におくことを目的にしています。



私のようにポケット辞書をいつも持ち歩く必要はないと思いますが、



辞書アプリの入ったスマホや電子辞書を持ち歩いていると便利です。



最後に。。。



英語は日本にいても勉強できます。



しかし、留学することで学べるのは、英語や学問だけではありません。



日本とは全く違う環境に自分を置くことで得られる経験や出会いは、



必ずあなたの財産になります。



日本の外に実際住んでみないとわからない、みえてこないことがあります。



とくに若い人達には、経験していただきたいと思います。



これは言葉では伝えられないことなんです。ホントに。



「留学しなければよかった。」と



後悔している人にあなたは出会ったことがありますか?



私自身は、まだ一度もそのような方にお会いしたことはございません。



留学やワーホリの経験がある方は、皆さんほとんど同じことをおっしゃいます。



「また行きたい。」



「行ってよかった。」



そんな経験、あなたもしてみませんか?


3 views

Recent Posts

See All

またもや金を盗まれた留学生

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話より根本です。 本日は、「留学珍道中」の続きに戻りたいと思います。 銀行口座から金を盗まれた私は、神経質になりすぎて、 個人小切手(今でも使う人いるのかな?)や カードを使うことを避けるようになりました。 つまり現金主義で生活をしていたのですが、 ある日、また銀行から電話がかかってきました。 銀行によれば、カリフォルニアにいないはずの私が、

事件に巻き込まれた留学生 Part2

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。 前回の続きです。 もとはと言えば、他人にID貸したりしたからこんな事になったんだ。 (それが原因だと100%言い切れないのですが、とにかく他人にIDを貸すのはダメって事です。) 怒りは収まらず、イライラするばかり。 警察によると、グループ犯罪ではないかというのです。 何者かが私の個人情報を盗み、IDを作成。 私宛のニセ個人小切手

事件に巻き込まれた留学生 Part1

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。 前回の話の続きです。 IDを紛失され、時がしばらく経ち、その事件を忘れかけていたころ、 ある日、銀行から電話がかかってきました。 銀行に財布を私が忘れていったというのですが、 ねもと: 「ワシントン州には、半年以上戻っていないので、何かの間違いじゃないですか?」 と聞いたところ、 銀行: 「先ほど、お金を下ろしに来られていたよう