• Miyuki Nemoto

留学中にインフルエンザにかかった

NEXUS【ネクサス】Englishマンツーマン英会話よりネモトです。



人生で一度だけインフルエンザにかかったことがあります。



しかも、アメリカで一人暮らしをしていたときです。



普段は、病気になることもめったにないのですが、



あの時はどこからもらってきたのか、



突然、身体の節々が痛くなり、



寒気と共に具合がどんどん悪くなりました。



熱を測ってみたところ、105℉(華氏)と表示されました。



しかし、華氏で105度がどのくらいなのか検討もつかず、



その後、具合が悪すぎて起き上がることもできず、



ずっとひとりで寝ていました。



3、4日間くらいだったと思います。



当時は、携帯電話もまだ持っている人は少なくて、



わたしも当然のごとく持っていませんでした。



体調が悪すぎて、人にも電話できず、



家の電話にも出られず。



心配してアパートを訪れたのは、



二人の友人でした。



”何かあったのでは?”と心配して来てくれたのでした。



日本だったら、おそらく、”病院に行った方いいよ。”



と言われるかと思います。



しかし、



彼女たち(アメリカ人)は、



病院に行った方が良いとは言いませんでした。。。



わたしの熱があまりにも高かったので、



水シャワーを浴びた方がよいとか、



Tylenolを飲んだ方がよいとか、



日本では聞いたことがないようなことを言われ、



頭がもうろうとしていたからなのか



彼女たちの手を借りて何とか起き上がり、



わたしは冷たいシャワーを浴びました。



医学的には



水シャワーは必ずしも良いとは限らないようですが。。。



そして、私がシャワーを浴びている間に



彼女たちは



Tylenol(薬)とwater pillow(水枕)



スープを買ってきてくれ、



その後、無事元気になりました。



このまま、誰にも気が付かれず、



死ぬんじゃないか?と本気で思っていましたね。



後でわかったことなのですが、



華氏105度は、摂氏でいうと40℃らしいです。



ひえー。



こわい。。。



生きていてよかった。



病院にも行ってないので、



インフルエンザだったのか定かではないのですが、



周りから、「絶対インフルエンザだよ~。」と言われたので、



今もインフルエンザだったのだと信じています。



先月から、当スクールも



体調を崩されてお休みしている受講生が続出しております。



皆さまもどうぞお気を付けくださいませ。



それでは、また。