日本人留学生の尽力 ルームメイト1

こんにちは。ネモトです。

本日は、留学していた頃のお話をしたいと思います。

私のホームステイ先には、複数の留学生が滞在していました。

そのうちの一人は、日本人の女の子でした。

英語がほとんどわからなかった状態で

留学してしまった私にとって、

彼女は心強い存在になると勝手に思い込んでいました。

ところが、、、、、

彼女は一言も日本語を話しません。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

すべて英語なので 正直、困惑しました。

「日本人なのに何で日本語を話さないんだろう?」

のちに、なぜ日本語で話すことを

拒んでいたのかを知ることになります。

彼女は、大学卒業後、

語学留学の目的でアメリカに滞在していました。

留学する前から、かなりの英語力があったらしいのですが、

私が初めてお会いしたときも、発音がきれいで、

かなりペラペラなイメージだったことを覚えています。

1年間という限られた期間の中で、

ご自身の英語力を最大限に引き上げるために、

だれとも日本語で話さなかったそうです。

彼女に嫌われている、と根拠もないのに信じていた私でしたが、

その徹底ぶりに驚嘆しました。\(゜□゜)/

おそらく、そこまで、貫き通す人は多くないでしょう。

でも、それぐらいの覚悟でいないと1年間という短い期間で、

ハイレベルな英語力を得るのは難しいのが

現状なのかもしれません。

1年間は本当に短いです。

短期で留学を考えている方、

密度の濃い留学を実現するためには、

やはりある程度の英語力も持って留学することが

望ましいのではないしょうか。

あなたの英語力をハイレベルまで引き上げていくのか、

あるいは、日常会話程度で終わるのか、

帰国後のメンテナンスをどのように行うかに

よって変わってくるのです。

留学後が勝負です。

つまり、すべては、あなた次第ということになります。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

洗濯に関する注意事項 in アメリカ

どーも。NEXUSのネモトです。 今日は、お久しぶりにアメリカに留学/赴任した際、 知っておくと便利な情報をご案内できればと思います。 タイトルの通り、洗濯に関する注意点です。 洗濯なんてどこでも一緒でしょう? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 日本とは違った事情や習慣もありますので知っておくと便利です。 その1:毎日洗濯しない アメリカ人は、日本のように毎日洗濯をしません

またもや金を盗まれた留学生

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話より根本です。 本日は、「留学珍道中」の続きに戻りたいと思います。 銀行口座から金を盗まれた私は、神経質になりすぎて、 個人小切手(今でも使う人いるのかな?)や カードを使うことを避けるようになりました。 つまり現金主義で生活をしていたのですが、 ある日、また銀行から電話がかかってきました。 銀行によれば、カリフォルニアにいないはずの私が、

事件に巻き込まれた留学生 Part2

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。 前回の続きです。 もとはと言えば、他人にID貸したりしたからこんな事になったんだ。 (それが原因だと100%言い切れないのですが、とにかく他人にIDを貸すのはダメって事です。) 怒りは収まらず、イライラするばかり。 警察によると、グループ犯罪ではないかというのです。 何者かが私の個人情報を盗み、IDを作成。 私宛のニセ個人小切手