日本人の友だちがいない日本人留学生 Part1

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話より根本です。



留学先で、少しでも早く英語が使えるようになるための一つの方法としてお薦めしたのが、



「日本人同士の行動を控えて、他国出身の留学生と交流を積極的にもちましょう。」



ということでしたが、覚えていらっしゃいますでしょうか?



今回は、日本人との交流がまったくなかったある日本人留学生のお話です。



私の知り合いは、とてもユニークな子だったせいなのか、



留学先で日本人の友達が全くできませんでした。




彼女は、留学先の学校では、いつも一人。



しかも



奇跡的に付属の大学に入学したものの、英語は、さっぱりわかりません。



そのまま、彼女は大学を休学し、アメリカに留学したのです。



もともとおしゃべり好きだった彼女に、スイッチが入ります。



「日本人の友達ができないのであれば、他の留学生やアメリカ人と友達になるしかない。」



そう思った彼女は、必至に勉強し、使える英語をゲットしたのです。



彼女のすばらしいところは、



「切り替えの早さ」と「粘り強さ」だったと思います。



英語もわからないし、友達もできない。



ホームシックになって当然の状況でした。



心が折れそうになったこともあるでしょう。



でも彼女は、「日本に帰る」とは言わずに、気持ちを切り替えて頑張ったのです。



すばらしい!!



素敵です。



「今までに勉強したことないくらい勉強した。」と言ってました。



留学した経験のある方はわかると思いますが、



一度は皆さん、ホームシックにかかるものです。



尻尾を巻いて日本に逃げ帰るのか、踏ん張って乗り切るのかは



あなた次第です。



なぜ、あなたが留学を決めたのか、原点に戻って考えてみるべきです。



「乗り越えられない壁はない」のです。



つらいことがあるかもしれませんが、みんな乗り越えてきている壁です。



あとひと踏ん張り。



日本から応援してます!!


閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

久しぶりにホームステイ先でのエピソードです。 大きなお世話と分かっていても気になって仕方のなかったホストマザーの哺乳瓶の洗い方。 食洗機で他の汚れた食器と一緒に哺乳瓶とニップルを洗っていたのをみてびっくり仰天したわたし。昭和生まれの私にとっては驚きでした。 当時はまだ元気だったばあちゃんへ送った手紙の中に書いたくらいです。 (私がアメリカに渡った時代は、まだEメールが出てきたばかりの頃[1995]