安倍総理を表現していたフレーズの意味

こんにちは。NEXUSよりネモトです。

ご無沙汰しております。

4things Donald Trump needs to know before he meets Shonzo Abe 

(直訳)

ドナルド・トランプが安倍晋三に会う前に知っておく必要がある4つのこと

本日は上記、記事の中で使われているフレーズを

ご紹介したいと思いますので、

内容の解説につきましては、割愛させていただければと存じます。

詳細を知りたい方は、記事をお読みください。

なお、わたくし個人の意見とは全く関係がございません。

ご了承くださいませ。

では、今回ご紹介するフレーズはこちら。

"Talk the talk, walk the walk."

<Meaning>

・"Supporting what you say, not just with words, but also through action or evidence."

・"If you say that someone talks the talk but does not walk the walk, you mean that they do not act in a way that agrees with the things they say."

一言で説明するならば、「有言実行」でしょうか。

どちらかと言うとインフォーマルなフレーズのようです。

記事の中では、安倍総理をこんな風に表現しております。

"Abe is not merely talking the talk; he is walking the walk."

(直訳)

安倍氏は口先だけではない、実行(行動)が伴っている人物である。

(意訳)

安倍氏は、有言実行の人である。

"Talk the talk, walk the walk."

結構耳にするフレーズですので、この機会に覚えておきましょう。

それでは、また。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

"vineyard"と"winery"は違うものらしい

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ

「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。 ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。 何故かというと 「pinch」の意味を確認してみてください。 *英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。 「Pinch」は、動詞だと (v)

「校門」&「肛門」英語の同音異義語

こんにちは。NEXUSよりネモトです。 タイトルにあるように日本語にも発音が同じで全く意味が違うものがありますよね。 (例)「はし」と「橋」、「柿」と「牡蠣」「医師」と「意思」 英語にも発音が同じで意味が違う単語等が存在します。それらを紹介してくださっているのが、以下の記事です。 同記事はある方からご紹介いただきました。ご本人に確認しておりませんので、お名前はお出し