• Miyuki Nemoto

何度調べても覚えられない単語

更新日:2021年3月6日


脳みそのキャパが狭いせいなのか?



私の場合、余計なこと、不要と判断したこと、



不都合なことは記憶から抹消される傾向にあります。


それでも英会話は、なんとか出来るようになったのだから不思議なものです。


しかし、今でも、何回、何十回調べても覚えられない単語があります。


どうして覚えられないのだろう?と思いながらも、



また、辞書を引く。その繰り返しです。


う~ん。 なんだか、説得力にかけるなあ。

記憶力が悪いと信じて疑わない受講生の方々に、



根本がお薦めしている勉強方法があります。

それは、ずばり

暗記を無理にしようとしないことです


即席で単語を10個暗記したところで、



翌日に覚えているのは、せいぜい2個。

(もっと覚えていられる方、私基準な話ですみません。)

もしかしたらひとつも覚えていないかもしれません。

じゃあ、どうするのか?

毎日、英語に触れる時間を作る

鉄則です。毎日やらないと意味がありません。

毎日はできないと思われている方、いらっしゃいませんか?

大丈夫です。 1日、たった5分~15分。

どうです。できそうでしょう?

人間の集中力なんて、しょせんその程度です。

第一、英会話スクールに週1回通っただけで、



英会話ができるわけがないんです。

だから、毎日、英語に触れる時間を意図的に作るのです。


そして、自分を試す場所として、英会話スクールを多いに利用してください。

では、また。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexusよりネモトです。 英語で検索する方法をご存知ない学生さんがいらっしゃるようなので単語やフレーズをどのように検索したらよいのかご紹介したいと思います。 (過去にも何度かご紹介してます。) 英英辞書を積極的にお使いすることを常におススメしておりますが、それにはちゃんとした理由があります。 英和辞書だけではカバーしきれない部分があるのが一つ。 (単純

しつこいようですが単語やフレーズを調べるときは、英語で調べることをお薦めしております。 ◆ 英英辞書で調べる。 ◆ 英語で検索する。 とても大切だと私個人は思っています。 なぜなら、英和辞書やグーグル翻訳は的の外れた日本語で表現されている場合があるからです。 その上、英語に存在する言葉を日本語にがっつり当てはめることは難しく、 その逆もまた同様で、 例えばですが日本語の「お疲れさまです」は、そのま