今どき女子17歳はどんな単語を使うのか?

ご無沙汰しております。NEXUSよりネモトです。

先日金メダルを獲得した、アメリカ代表のスノーボーダー

Chloe Kim ちゃんのツイートがちょっとした話題になっています。


出典:espn.com


彼女のインタビューを拝見しましたが、

いかにも今どき17歳女子らしいコメントでした。

話し方もね。今どきの子だったです。

いかにもカリフォルニアの話し方で、

センテンス最後のイントネーションが微妙に上がる話し方。



いわゆる Valley girl accent ってやつです。

(分かる人にはわかりますよね?)

というワケで、

彼女のツイートを使って、

今どき女子が使う単語をいくつか拾って

解説したいと思います。

ただし、著作権がどーこー言われるのも恐いので、

念のため、

彼女のツイートを訳すことは、控えさせていただきました。

ご了承くださいませ。

”People acting like my bestie after the Olympics. Like remember when you took a sip of my apple juice in kindergarten, still salty bout that”

BestieBest friend  親友

Salty ⇒ Angry, Upset 怒っている 

*この場合、しょっぱいの意味ではないです。

”I hate crying but I'll give myself a pass for this one. Thank you everyone for the love! Stoked to bring home the gold”

Stoked When someone is really happy or excited about something.

めっちゃ興奮してる

”Wish I finished my breakfast sandwich but my stubborn self decided not to and now I'm getting hangry

Hangry ⇒  A state of anger and irritability resulting from being hungry.

        Hungry + Angry = Hangry (造語)

                 お腹すいてイライラする

いかがでしたか?

今回ご紹介した単語は、

今どきの若者がよく使う言葉です。

私くらいの年齢(40代)またはそれ以上の人達は、

知っていても使わない。または、意味すらも知らない方が

ネイティブでも高齢者になると実はいらっしゃるようです。

日本語にもあるじゃないですか。

若者は使うけど、

40代の人が使わない言葉。。。

例えば、「あけおめ」とか。

「あけましておめでとう」ってちゃんと言おうよ。

とお姉さんは思いますけど。 これって歳のせいかしら?

初めて聞いたとき、何のことか全くわかりませんでしたからね。

今日ご紹介した単語は、日本語の辞書で調べてみても

存在しない単語もあるかと思いましたので、

今回、簡単に解説させていただきました。

それでは、また。

最新記事

すべて表示

哺乳瓶の扱い方から見えた!?日本と米国の考え方の違い

久しぶりにホームステイ先でのエピソードです。 大きなお世話と分かっていても気になって仕方のなかったホストマザーの哺乳瓶の洗い方。 食洗機で他の汚れた食器と一緒に哺乳瓶とニップルを洗っていたのをみてびっくり仰天したわたし。昭和生まれの私にとっては驚きでした。 当時はまだ元気だったばあちゃんへ送った手紙の中に書いたくらいです。 (私がアメリカに渡った時代は、まだEメールが出てきたばかりの頃[1995]

ジューンティーンスとは何の日?【新しい祝日】

日本と比べると祝日がとても少ないアメリカですが、この度、新しい祝日(Junteenth6月19日)が制定されることになりました。 日本の場合、有給を取れない/取りづらいケースが多いため、あえて祝日を増やしたという話もありますが、 アメリカでは、祝日の数も少なく、以前できた国民の祝日(Martin Luther King Jr. Day) は、レーガン大統領の時代(38年前)だったというのだから、随

「イースター 」と「大掃除」

Happy Easter everyone! 最近、日本でも認知度が上がっている「イースター」 日本語では「復活祭」と言われていますが、皆さんは何の日かご存知ですか? キリスト教徒にとってはクリスマス以上に最も大切なお祝いがこのイースターサンデーにあたります。 イエス・キリストが十字架にかけられて処刑されたことはご存じの方も多いかと思いますが、彼が処刑されたのは金曜日で、生き返ったのが3日後の日曜