ギャンブルと税金

こんにちは。 NEXUSよりネモトです。

3年ほど前の少し古い記事ですが、

カジノ法案がニュースで今話題になっているので、

こちらの記事を改めてご紹介いたします。

ラスベガスのギャンブルと

勝ったお金にかかる税金のお話です。

ギャンブルと税金<in Las Vegas> (過去のブログ)

賭け事に興味のない私には、

正直、関係ないと思っているところもあります。

カジノを日本に作れば、

様々な面から経済が潤う可能性はあるかもしれません。

ラスベガスのあるネバダ州は、

カジノのおかげで州に収める所得税はゼロ。

相続税もゼロです。(参照:Nevada tax calculator

日本は単一国家で、アメリカは連邦国家ですから、

同じ税モデルを採用することは難しいとしても、

カジノで勝った人から、税金をしっかり取って、

(ネバダ州:勝ち分にかかる税金30%)

その税金を国民の福祉や教育のために

充てることは可能ではないかと思います。

あっ。 そう言えば、

実は一つお知らせがございます。

実施日は未定ですが、

ブラックジャックを英語で学べるイベントを

近々開催いたします!

ブラックジャックのテーブルは

6名までしか座れないので、

定員は6名にしたいと考えております。

今秋ごろを予定していますが、

詳細等が決まりましたら、

また改めてご案内いたしますね。

では、また。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

洗濯に関する注意事項 in アメリカ

どーも。NEXUSのネモトです。 今日は、お久しぶりにアメリカに留学/赴任した際、 知っておくと便利な情報をご案内できればと思います。 タイトルの通り、洗濯に関する注意点です。 洗濯なんてどこでも一緒でしょう? と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 日本とは違った事情や習慣もありますので知っておくと便利です。 その1:毎日洗濯しない アメリカ人は、日本のように毎日洗濯をしません

”Lower 48”の意味

こんにちは。NEXUS Englishマンツーマン会話よりネモトです。 ここ最近、アメリカでは、 アラスカに関係するドキュメンタリー番組が多く放送されています。 ネモトのお気に入りは、"Life below zero" & "Yukon men" ですが、 これらの番組の中で、頻繁に聞こえてくる単語があります。 それが、"Lower 48" これらの番組を観るまで、私自身も知りませんでした。 どん

「サーティワン」って何だ!?

私のサーティワンお気に入りフレーバーは、「ロッキーロード」。 「サーティワン」と言えば、アメリカ生まれのアイスクリーム・ショップです。 でもアメリカでは、「サーティワン」とは言いません。 アメリカ人に「サーティワン」と言ってもわかってもらえないかもしれません。 「Baskin Robbins」(バスキン ロビンス)と言います。 創業者二人の名前(Last name)をとってバスキン ロビンス にな