インドネシアのお嬢様パート3 -貞操を守る-

引き続き、カナダ旅行のお話です。

カナダの紅葉を一人満喫し、ご機嫌でホテルに戻り、

しばらくするとクリスティが戻ってきました。

(まだ携帯電話がめずらしい時代だったので、連絡を取り合う方法がなかったから。)

今にも泣きだしそうな顔のクリスティ。

「どうしたの?」 と私。

「彼に別れようって言われた。」

どうやら、彼に迫られたらしく、

彼女は結婚前だからできないと断ったそうなんです。

彼女いわく、

インドネシアでは婚前交渉はしてはいけないそうで、

貞操を守りたいと主張したらしいのです。

「他のインドネシア留学生はみんなやってる。

できないなら別れる。」と言われたそうです。

しかも、

「インドネシアにいるわけじゃないから、やったことにならない。」

とわけのわからないことも言われたらしい。

「クリスティの気持ちを尊重できないなんて、イヤな奴。

そんな男さっさと捨てたほうがいいんじゃない。」 

と私の心の声がささやきます。

「大好きな彼だから迷ったけど、でもやっぱりできなかった。」 

と泣き出すクリスティ。 

本当に純粋な子なんだなあ。

と妙に感心してしまいました。

英語力もたいしてなかったので、

どのように慰めてあげればよいのかわからず、

とても困った記憶があります。

私たちがアメリカに戻る日、

クリスティの彼は私たちを空港まで送ってくれました。

しかし、車中は、気まずい雰囲気。

インドネシア語がわからなくても、

もめてることは、明らかでした。

アメリカに戻ってしばらくして、別れたそうです。

「あんなヤツ、別れてよかったよ。」

とは言えませんでしたが。。。

貞操を守るって本当に難しいですね。

では、また。




5 views

Recent Posts

See All

またもや金を盗まれた留学生

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話より根本です。 本日は、「留学珍道中」の続きに戻りたいと思います。 銀行口座から金を盗まれた私は、神経質になりすぎて、 個人小切手(今でも使う人いるのかな?)や カードを使うことを避けるようになりました。 つまり現金主義で生活をしていたのですが、 ある日、また銀行から電話がかかってきました。 銀行によれば、カリフォルニアにいないはずの私が、

事件に巻き込まれた留学生 Part2

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。 前回の続きです。 もとはと言えば、他人にID貸したりしたからこんな事になったんだ。 (それが原因だと100%言い切れないのですが、とにかく他人にIDを貸すのはダメって事です。) 怒りは収まらず、イライラするばかり。 警察によると、グループ犯罪ではないかというのです。 何者かが私の個人情報を盗み、IDを作成。 私宛のニセ個人小切手

事件に巻き込まれた留学生 Part1

こんにちは。NEXUS-Englishマンツーマン英会話の根本です。 前回の話の続きです。 IDを紛失され、時がしばらく経ち、その事件を忘れかけていたころ、 ある日、銀行から電話がかかってきました。 銀行に財布を私が忘れていったというのですが、 ねもと: 「ワシントン州には、半年以上戻っていないので、何かの間違いじゃないですか?」 と聞いたところ、 銀行: 「先ほど、お金を下ろしに来られていたよう