• Miyuki Nemoto

インドネシアのお嬢様パート1 ルームメイト3

前回の続き。

ナンシーが帰国し、

新しい留学生がインドネシアからやってきました。

彼女の名前はクリスティ(仮名)。

シンガポールの高校を卒業後、

大学に通うためにアメリカに来たとかで、

英語はかなりのハイレベル。

彼女のお父様は、油田を所有している超お金持ちらしい。

クリスティによれば、

コンドミニアム(日本でいうマンションね。)を

買ってもらう予定だったのだけれど

19歳の女の子の一人暮らしは危ないからと

結局ホームステイすることになったそうです。

クレジットカードを持たせてもらえないと言い、

学校に通うだけなのに、

必ず800ドル~1000ドルの現金を持ち歩いてました。

ちなみに私の所持金は、いつも20ドル程度。。。

なぜ、私がそんなことを知っているかって?

別に彼女の財布を拝見させてもらったわけではなく、

本人が公言してただけです。

最低800ドルはお財布に入ってないと

心配なんだとおっしゃってました。

私みたいに自分で貯めたお金できた、

貧乏留学生とはわけが違うのね。

とちょっぴり、うらやましかったです。(笑)

でも穏やかで優しい女の子でした。

しかも可愛いらしい。(どーでもいいか。)

ある日、

彼女から、一緒にカナダに遊びに行かないかと誘われました。

カナダに行ったことがなかったので、

安易にオッケーを出してしまった私。

クレジットカードがないとホテルの予約が取れないので、

みゆきのカードで払ってくれと頼まれて、

何の疑いもなく、自分のカードで

二人分の飛行機とホテルを予約しました。

お金持ちのお嬢さんだから、

お金に関しては、心配していませんでしたが。。。

実は、彼氏がカナダの大学に留学をしていて、

彼に会いたいので一緒についてきてほしかった、

と飛行機の中で告げられたました。

「利用された?」と一瞬思いましたが、

「カナダに行くの初めてだし、まっ。いいかっ。」 と

いつもの調子であっさり開き直り、

バンクーバーの空港に到着した私たちでした。

カナダ、バンクーバー到着後のエピソードは、

次回に続きます。