アメリカにまだ一度も行ったことないんです。

こんにちは。



NEXUS Englishマンツーマン英会話よりネモトです。



突然ですが、こちらの文をご覧ください。



I have never been to The U.S. yet.



直訳すると



アメリカにまだ一度も行ったことないです。」



日本語にすると何の不思議もない文章なのですが、



この英文をみて、



と感じた人いらっしゃいますか?



ご心配なさらず。私もその一人です。



先日スクールにいらっしゃった方がおっしゃった一言です。



しかし、



気になったので、お客様がお帰りになった後、



ラスに質問してみました。



ネモト:さっきいらっしゃった方が言っていたことなんだけど、



”I have never been to the U.S. yet.” って言ってたじゃん?



「Never」 と「Yet」 を同じ文章の中に使ってたけど、



文法的にオッケーなの?



ラス:話し言葉では、普通に使う人いるよ。



だけどライティングでは使わない。



厳密にいえば、double negative だからね。



(なるほど。)



ネモト:「never 」って聞くと一度も行ったことない。って



強調しているように聞こえて、



「yet」 って聞くと、まだ行ったことないけど、



いつか行ってみたというニュアンスが入る気がする。



だから、同じ文章にこの二つの単語が入っていると



何となく不自然な気がした。



ラス:ミユキが言っている事は正しいけど、そんなに重要じゃないよ。



ネモト:えっ?それだけ?



チーン



あっそうですか。。。



というわけで、スピーキングでは使うけれど



ライティングでは使わない一文のご紹介でしたが、



どちらでも使える例文は次の通りです。



ご参考ください。



◆ I have never been to ○○.


訳:私は、○○に一度も行ったことがありません。



○○に国の名前、街の名前、場所の名前等を入れて使えます。



<例文>


・I have never been to China.


・I have never been to Okinawa.


・I have never been to Australia.


・I have never been to Tokyo Disneyland.




◆ I have not been to ○○ yet..


訳:私は、○○にまだ行ったことがありません。



○○に行ったことはないけれど、



いつか行ってみたいというニュアンスが入ります。



<例文>


・I have not been to China yet.


・I have not been to Okinawa yet.


・I have not been to Australia yet.


・I have not been to Tokyo Disneyland yet.



それでは、また。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

埼玉&東京を比較!公立高校入試英語のレベル

こんにちは。Nexusよりネモトです。 数年前も公立高校の入試問題にケチをつけた私ですが、久しぶりに英語の入試問題を拝見させていただきました。 と言うわけで、問題の解説や解答は塾にお任せして、ここではわたくし個人の意見を勝手に語りたいと思います。 今回の記事は、ちょっと長いです。ご了承ください。 今年は、埼玉県と東京都の英語テストを簡単に比較してみました。ご興味のある方は、ぜひ最後までお付き合いく

ややこしい!?「half」の使い方

前回「halves」と「halve」についてお話しましたが、「halves」は「half」の複数形、「halve」は half の動詞と学びました。 今日は「half」の正しい使い方についてお話したいと思います。 前回のブログも合わせてお読みいただくとよいかと存じます。 英会話を学んでいる方はもちろん英語系試験を受ける方は、「half」の使い方は覚えておくと非常に便利です。 とくにTOEICリスニ

ややこしい!?「halve」と「halves」

「half」の基本系は「半分」の意であることは皆さんご存知かと思いますが、 「halve」の単語を耳にしたこと/聞いたことはありますか? 「half」は通常、名詞として使われることが多いのですが「halve」 は動詞です。 ややこしいことに「halves」となると「half」の複数形になります。 と言うわけで、 本日は、あまり日本人に馴染みのない単語「halve」・「halves」のお話です。 「