アイビーリーグに入学できるエッセイはこれだ!

こんにちは。ネモトです。



今回ご紹介する記事は、



出願したすべての8大学(しかもアイビーリーグ)に合格した青年



Kwasi Eninさんのお話です。



Here's the college essay that got a high school senior into all 8 Ivy League schools



ご参考までに



アイビーリーグの出願者数及び合格者数を表したグラフがこちら。



リンク:http://www.businessinsider.com/ivy-league-acceptance-class-of-2019-2015-3



グラフをご覧いただくと、



アイビーリーグへの入学は非常に難しいということがお分かりになるかと思います。



そんな中、出願した8校すべてに合格した彼の成績はというと



SATのスコアが2,250(満点2,400)、



学校の成績も学年のトップ2%に入ると言います。



優秀な学生であることは明らかですが、



合格した大きな要因は、



彼の提出したエッセイにあったのでは?という事らしいです。



そして、



これが全アイビーリーグに合格したKwasi Eninさんのエッセイです。



https://www.scribd.com/doc/215907419/Kwasi-Enin-s-college-essay



enjoy!

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

こんにちは。Nexusより根本です。 花火と言えば「夏」を想像される方が多いかと思いますが、 アメリカ人が想像するのは「Summer(夏)」というよりも ピンポイントで 「Fourth of July(Independence Day)」 (アメリカ独立記念日) または「A New Year」を想像される方が多いかと思います。 そして明日「7月4日」はアメリカの独立記念日、国民の祝日。 独立記念日