なぜ"Me too"じゃないのですか?

更新日:2021年7月7日

こんにちは。NEXUSよりネモトです。本日ご紹介するのは、受講生から頂いた質問です。


【ご質問】

自己紹介で「Nice to meet you.」と言ったら、「You, too」と相手の方がおっしゃったのですが、なぜ「Me, too.」ではないのでしょうか?

Aさん: (It's)  nice to meet you.

Bさん: You, too ○

【回答】

これは単純に


"(It's) nice to meet you, too." の 


"It's nice to meet" が省略されているためです。


しかし、若干ぶっきらぼうに聞こえるのは私だけですかね?

個人的な意見ではありますが、

”(It's) nice to meet you, too ” と言った方が無難かと存じます。

初対面の方に”You, too”とだけ挨拶するのは、なんだか適当に返事しているようにも感じられます。

他にも別れ際に

”Have a good day!”と言われたら

”You, too” と返事することができますが、こちらの場合頻繁に使いますので、是非使ってみてくださいね。

Have a good night.

閲覧数:115回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ