「ピンチはチャンス」ヘンな日本語

更新日:2021年7月7日

こんにちは。Nexusよりネモトです。こんな時だからこそ、「ピンチはチャンスだよ根本さん」とある会社の社長さんがおっしゃいました。

ごもっともではございますが、実は英語圏の人達からすると意味不明なフレーズに聞こえます。

何故かというと

「pinch」の意味を確認してみてください。

*英和辞書にはナゾな意義も含まれますので、英英辞書をメインで確認してくださいね。

「Pinch」は、動詞だと (v) つねる、つまむ。

"to press something, especially someone's skin, strongly between two hard things such as a finger and a thumb, usually causing pain:"

名詞だと (n)

1. つねること、つまむこと。

2. ひとつまみ、少々の

(例) ひとつまみの塩: a pinch of salt


また、アメリカ英語では 「in a pinch」と言った場合、日本語の「ピンチ」に若干近い意味になりますが、それでもやはり日本語のピンチとは違う意味になってしまいます。

下記をご覧ください。


「In a pinch」

1.Something that you can do in a pinch can be done if it is really necessary, but it will be difficult, not perfect, or not what you would really like:


(直訳)本当に必要な場合には(いざというときには)行うことができるが、それは難しい、完璧ではない、または本来望んでいることではない。


(例文)I need $20,000 to set up the business, but I suppose $15,000 would do in a pinch.


(意訳)ビジネスを立ち上げるのに$ 20,000が必要だが、いざとなったら$ 15,000 でもやると思う。

2.if necessary: 必要な場合には、いざというときには、


*******************


このように英語の「pinch」は、日本語の「ピンチ」と意味が違うので混乱を招きます。

では何と言えばよいのか?英語ネイティブに聞いてみました。

“In the middle of every difficulty lies opportunity.”

アインシュタインの言葉だそうです。

言い換えると

”Opportunity lies in the middle of difficulty.”

直訳:「苦しい状況の中に、チャンスはある」

となりますかね?

もっと分かりやすく言えば、


「When things are challenging, there are chances to do new things.」

ご参考くださいませ。

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

こんにちは。Nexus よりネモトです。 今日はリクエストをいただきましたので英語の相づちについてお話したいと思います。 日本語の相づちと言えば、 え〜!? そうですね。 いいですね。 いいね。 なるほど。 確かに。 さすが。 同感です。 それで? こんな感じですかね? 英語の相づちは、聞いたことはあるけれど、今イチ使いこなせていないと感じている方が少なくないと思います。 そこで今日は、どのような

こんにちは。Nexusよりネモトです。 ある方のTwitterを拝見して初めて知ったのですが、 "vineyard"と"winery"は違うものらしいです。 皆さんご存知でした!? 私は同じ意味だと思ってました。 会議通訳者の平松さんはイギリス英語について呟いておりますので、 ラスにアメリカ英語ではどうなのか?聞いてみました。 * 平松さんのアメブロ