• Miyuki Nemoto

「お金」に関する単語

ご無沙汰しております。Nexusよりネモトです。

受験や試験にはおそらく全く役に立たないであろう「お金」に関連する単語をご紹介したいと思います。

「money」に代わって使える単語及び「money」に近い単語です。

ただしスラングがほとんどなので、使わなくても意味を知っているだけでもオッケーです。

また、本日ご紹介する単語は全てアメリカ英語に基づいています。

他の英語圏では使われない場合もありますのでご注意ください。

なお、ノンネイティブの私たちがスラングを使うと英語ネイティブには時と場合によっては面白く聞こえるみたいです。(根本の実話)

おそらく外国人が津軽弁を喋っているのを日本人が聞いたらびっくりする・面白く聞こえる感覚と似ているのかもしれません。

そんなわけで、多くのスラングは知っていても使う必要はないかと思います。

◆cash = 現金

・お金の総称として使われることもありますが「現金」の意味で使われることが多いかと思います。

◆bills(紙幣)

・billには他にも意味があって勘定書や何かの代金に使います。例えば phone bill(電話代)power bill (電気代)water bill (水道代)等や「法案」「手形」等の意味もあります。

レストラン等で「Could I get the bill? (お勘定お願いします)」とも使える。

Can I get change for a $100 bill? (100ドル札を崩してもらえますか?)」

英辞郎には「請求書」と記載されていますが、会社で使う請求書等は「invoice」を使うのが一般的です。


◆change 

・「変える、変わる」の意味で覚えている方が多いかと思いますが、他にも「小銭」や「おつり」の意味で使われます。また「両替する」の意味でも使われる非常に便利な単語です。


◆bucks

[スラング] a buck = a dollar = $1

・本来「buck」は「オス鹿」を意味しますが、その昔、シカの皮をお金の代わりに使っていたことがあるため、その名残りで現在も頻繁に使われている言葉なのだそうです。

・10 bucks = $10 100 bucks = $100


◆coins (硬貨)

本来は硬貨の意味で使われますが、時にお金の総称として使われる場合もあります。

つい先日、Maya Angelou(マヤ・アンジェロウ)が25セント硬貨に採用されたとニュースになりましたね。



Opinion: If you find yourself holding a Maya Angelou quarter, remember these wordsMaya Angelou and other women are now being recognized for their contributions to the American experiments on the US Mint American Women Quarters Program coins, writes Democratic Re…edition.cnn.com

アメリカでは、1セントコイン、5セントコイン、10セントコイン、25セントコインとは言わず、以下の名前を使います。

・1cent coin = a penny

・5 cents coin = a nickel

・10 cents coin = a dime

・25 cents coin = a quarter


◆currency(通貨)

・currency exchange rate = 通貨為替レート


◆liquid

・「液体」の意味でご存知の方が多いかと思いますがビジネスの世界では「流動性の」「すぐに換金できる」「いつでも現金化できる」等の意味で使われます。

・liquid asset = 流動資産

・refers to the ability to transfer hard assets to cash or the state of being in a position where one has sufficient cash on hand to accommodate any and all necessary financial obligations.

・in the form of money, rather than investments or property, or able to be changed into money easily:


◆grand = $1,000 2 grand = $2,000

[スラング]

◆G = $1,000 = a grand

[スラング]


◆K = $1,000 2K= $2,000 30K=$30,000

[スラング]


◆M = a million $3M = $3,000,000

[スラング]


◆Mil = a million $5Mil = $5,000,000

[スラング]


*以下は超スラングなので知っていても使わないでいい単語になります。


◆green = money

[スラング]

・本来、グリーンは緑色の意味ですね。

以前にも書いたことがりますが、アメリカの紙幣は緑色なので「green」のニックネームがついたらしいです。*個人的には使わない。

◆cheese = money

[スラング]お金の総称として使われます。

*個人的には使わない。

・本来の意味はチーズですが、その昔アメリカでは生活保護の人達にチーズを配布していたことからチーズがお金の意味で使われるようになったとされています。


◆cream = money

[スラング] お金の総称として使われます。

・Wu-Tang Clan の超有名な曲「C.R.E.A.M」から来てるかも?

*個人的には使わない。


◆bread = money

[スラング]お金の総称として使われます。

・本来はパンを指します。チーズと同じ由来か??

*個人的には使わない。


◆dough = money

[スラング] お金の総称として使われます。

・パンやケーキの生地を「dough」といいます。チーズと同じ由来か??

*個人的には使わない。


◆paper = money

[スラング]お金の総称として使われます。

*個人的には使わない単語。


◆Benjamins = money

[スラング]

・100ドル札はベンジャミン・フランクリンが印刷されていますので、100ドル札を意味しますが単に「お金」の意味で使う人もいます。

・This one we covered above. The name references the appearance of founding father Benjamin Franklin on the one-hundred-dollar bill.

*個人的には使わない単語。

いかがでしたか?



英語には「お金」を意味する単語がもっと沢山あるようですが、本日はわたし個人がよく耳にした単語だけをご紹介させていただきました。



では、また。

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

本日は受講生からいただいたご質問を皆さんとシェアしたいと思います。 今回、ご質問のあったフレーズ 「take something/someone for granted」を辞書で調べると以下のような説明が記載されています。 Take something for granted: to believe something to be the truth without even thinking a